ニュース
» 2013年11月12日 17時36分 UPDATE

シグマ「SD1」「SD1 Merrill」ファームウェアに不具合 修正版を用意

シグマの提供していた「SIGMA SD1」のファームウェア「Ver1.11」および、「SIGMA SD1 Merrill」のファームウェア「Ver1.06」に不具合が発見された。新ファームウェアは11月22日を目標に提供される予定。

[ITmedia]

 シグマは11月12日、同社デジタル一眼レフカメラ「SIGMA SD1」および「SIGMA SD1 Merrill」(レビューまとめはこちら)の最新ファームウェアに不具合があるとして公開を停止した。

 提供していた「SIGMA SD1」のファームウェア「Ver1.11」および、「SIGMA SD1 Merrill」のファームウェア「Ver1.06」に不具合があり、まれに白トビ部分の周辺にノイズが発生するというバグが発見されたため。

 同社ではこの事象について、前述のSD1用Ver1.11およびSD1 Merrill用Ver1.06特有の現象と説明しており、修正ファームウェアを11月22日を目処に提供する予定としている。

関連キーワード

ファームウェア | SIGMA | 交換レンズ | 撮影


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう