ニュース
» 2013年12月03日 14時00分 UPDATE

キヤノン、AF速度が2倍以上に高速化 Wi-Fiも搭載した「EOS M2」

キヤノンがミラーレスカメラの新製品「EOS M2」を発売する。既存モデルよりAF速度を2倍以上に高速化したほか、Wi-Fiも搭載した。

[ITmedia]

 キヤノンは12月3日、ミラーレスカメラの新製品「EOS M2」を12月中旬より販売開始すると発表した。ボディのみ、標準ズームレンズ「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」とのレンズキット、加えて「EF-M22mm F2 STM」を組み合わせたダブルレンズキット、広角ズーム「EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM」も組み合わせたトリプルレンズキットが用意され、いずれも価格はオープン。

photophoto 「EOS M2」 カラーはブラックとホワイトの2色

 各レンズキットにはストロボ「スピードライト90EX」が含まれるほか、ダブルレンズキットとトリプルレンズキットにはEFマウントアダプター「EF-EOS M」も含まれる。販売形態および同梱物、同社直販サイト価格は以下の通り。

製品 同社オンラインショップ価格 同梱レンズ 同梱アクセサリ
トリプルレンズキット 13万4800円 「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」「EF-M22mm F2 STM」「EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM」 「スピードライト90EX」「EF-EOS M」
ダブルレンズキット 10万4800円 「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」「EF-M22mm F2 STM」 「スピードライト90EX」「EF-EOS M」
18-55 レンズキット 8万4800円 「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」 「スピードライト90EX」
ボディのみ 6万4800円 ―― ――

 2012年9月に発売された同社初のミラーレスカメラ「EOS M」(レビューまとめはこちら)の後継製品。外観の差異には乏しいがほとんどの部品が新造され、Wi-Fiを新搭載しながらも約104.9(幅)×65.2(高さ)×31.6(奥行き)ミリ、約238グラム(本体のみ)と小型軽量化も果たした。

 AFは「EOS M」と同様にコントラストAFと位相差AFを組み合わせた「ハイブリッドCMOS AF」だが「ハイブリッド CMOS AF II」へと強化され、像面位相差AFのエリアが縦横ともに約80%(撮像面全体を100とする)まで拡大し、その速度も初代から「約2.3倍」(同社)の速さまで高速化された。タッチシャッター利用時には、撮影後のブラックアウトなしで利用できる。

photophoto
photophoto

 搭載する撮像素子は位相差AF用センサーを搭載したAPS-Cサイズ(約22.3×14.9ミリ) 有効1800万画素のCMOSセンサーで、画像処理エンジンには「DiGiC 5」を組み合わせている。連写も最高約4.6コマ/秒(EOS Mは約4.3コマ/秒)と強化され、また、サーボAF使用時にはピントが合うとAF枠が青に変更されるため、利便性も向上している。

 外観の違いは少ないが、撮影モードダイヤルはEOS Mの3ポジション(「シーンインテリジェントオート」「静止画」「動画」)から、「シーンインテリジェントオート」「簡単撮影モード」「応用撮影モード」「動画」の4ポジションに変更された。簡単撮影モードでは「クリエイティブオート」や「ポートレート」などのシーンモード、応用撮影モードではP/A/S/Mの各撮影モードを利用できる。

 動画撮影機能「EOS MOVIE」では新たにジオラマ風撮影の機能が追加されたほか、デジタルズーム(3〜10倍)も利用できる。ステレオマイクの位置は本体上面からボディ前面に変更されており、よりクリアな録音を可能としている。

 搭載するWi-Fiと提供されているアプリ「EOS Remote」を利用すれば、スマートフォンからのリモート撮影やスマートフォンへの画像転送などを行える。そのほかにもプリンタへのワイヤレスデータ送信やカメラ間でのデータ交換、テレビ(DLNA対応機種に限る)への出力などにも対応する。

 撮影機能は今春モデル「EOS Kiss X7」とほぼ同様となっており、1枚のシャッターでエフェクトあり/なしの2枚を同時撮影できる「エフェクトショット」やスライダー操作で直感的に背景をぼかすことができる「背景ぼかし」、PC内でのトリミング機能などが利用できる。

 そのほかの特徴はEOS Mをほぼ継承しており、背面液晶は3型ワイド/104万画素のタッチパネル液晶で、ピンチイン/アウトによる操作が行える。EFマウントアダプター「EF-EOS M」を組み合わせればEFマウントレンズをAF連動させて利用することもできる。アクセサリーシューも既存EOSシリーズと共通しており、外部ストロボなど豊富に用意されているアクセサリが利用可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.