レビュー
» 2013年12月05日 16時27分 UPDATE

進化したレトロデザインのミラーレス――富士フイルム「FUJIFILM X-E2」 (1/4)

富士フイルムから新型ミラーレス「FUJIFILM X-E2」が登場した。フィルムカメラを思わせるレトロスタイルのボディに「点像復元処理」など先端技術を凝縮。その実写レビューをお伝えしよう。

[永山昌克,ITmedia]

回折ボケを低減する点像復元処理を搭載

 富士フイルムは、レンズ交換式のミラーレスカメラ「X」シリーズを2012年2月から展開している。これまでに発売したボディは、最上位モデルの「X-Pro1」からエントリーモデルの「X-A1」までの5製品。いずれもクラシックカメラを思わせるレトロなデザインを採用し、そのことが同シリーズの個性になっている。

photo 富士フイルム「FUJIFILM X-E2」レンズキット

 今回取り上げるのは、今年11月に発売になったXシリーズのスタンダードモデル「X-E2」だ。昨年発売した「X-E1」の後継機にあたり、画質とスピード、機能、操作性をいっそう高めている。

 なかでもまず注目したいのは、センサーとエンジンを一新したこと。センサーには「X-Trans CMOS II」を、処理エンジンには「EXR Processor II」をそれぞれ搭載。これらは今年2月に発売されたレンズ一体型モデル「FUJIFILM X100S」から継承したものだ。絞り込み時の回折ボケやレンズ周辺部のボケを補正する「点像復元処理」も受け継いでいる。

photo 点像復元処理は、撮影メニューからON/OFFが選べる

 下の2枚の写真は、点像復元処理のOFF/ONを比較したもの。絞り値をF22まで絞り込んだため、OFFのカットでは、回折の影響によって遠景のディテールがやや甘い描写になっている。しかしONでは、画面全体のシャープネスが高まっていることが分かる。

photo F22 点像復元処理:OFF
photo F22 点像復元処理:ON
photo レンズマウントを中央に配置した端正なデザインを継承
photo 外装は高品位なマグネシウム合金製。高級感が漂っている
photo 側面にはシボ革風のシートが張られ、手触りを高めている
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.