ニュース
» 2014年01月06日 17時46分 UPDATE

F2.8通しの標準および望遠ズームなど、フジXマウントレンズロードマップ更新

富士フイルムがXマウントレンズのロードマップを更新した。新たにF2.8通しの標準および望遠ズームなどが追加され、開発表明を含めればXレンズは合計17本となった。

[ITmedia]

 富士フイルムは1月6日、レンズ交換式FUJIFILM Xシリーズに対応する交換レンズのロードマップを更新した。

 新たに大口径標準ズーム「XF16-55mmF2.8 R OIS」、大口径望遠ズーム「XF50-140mmF2.8 R OIS」、高倍率ズームレンズ「XF18-135mmF3.5-5.6 R OIS」が追加され、また、新たに「大口径広角レンズ」「超望遠ズームレンズ」もロードマップ上に登場した。

photo

 新たにロードマップに登場した「大口径広角レンズ」「超望遠ズームレンズ」については前者が今年後半、後者が来年初頭の投入とされており、詳細な仕様は追って公開される予定となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう