ニュース
» 2014年01月07日 07時00分 UPDATE

シグマ、望遠からマクロまでの万能レンズ「SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」

シグマが小型化を進めた高倍率ズームレンズ「SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」を発売する。高倍率ズームレンズながら、本格的なマクロ撮影までも楽しめる。

[ITmedia]

 シグマは1月7日、交換レンズの新製品として高倍率ズームレンズ「SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」(手ブレ補正なしは「SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM」)を発表した。発売日は未定で、価格は6万円(税抜き)。

 高い光学性能と小型化の両立を目指す「Contemporary」ラインに属する製品で、18-200mmの従来製品に比べて最大径を75.3ミリから70.7ミリと小径化したほか、体積比では11%のコンパクト化を実現した。サイズは70.7(最大径)×86(全長)ミリ、430グラム。

photo 「SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」

 高倍率ズームレンズながらも製品名の「MACRO」が示すよう、最短撮影距離は39センチ、最大撮影倍率は1:3と本格的なマクロ撮影にも対応する(ワーキングディスタンスは14.7センチ)。近接撮影時にレンズ表面の文字が映り込まないよう、印刷ではなく彫り込みにするなど細かな配慮も施されている。

photo

 レンズ構成はSLD(特殊低分散)ガラスや両面非球面レンズを含む13群16枚構成で、手ブレ補正機構も備える。マウント交換サービスにも対応。MTF測定器「A1」を用いての全数検査を経てから出荷される。

関連キーワード

撮影 | SIGMA | 手ブレ補正 | 交換レンズ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.