ニュース
» 2014年01月07日 14時00分 UPDATE

「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2」(ノクチクロン)発売日と価格が決定

開放F値 F1.2のマイクロフォーサーズ規格交換レンズ「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2」(ノクチクロン)の発売日と価格が決定した。

[ITmedia]

 パナソニックは1月7日、ライカブランドのマイクロフォーサーズ規格交換レンズ「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH. / POWER O.I.S」(H-SO043)を2月13日より販売開始すると発表した。価格は20万円(税別)。

photo 「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH. / POWER O.I.S」(H-SO043)

 新製品は2012年秋のPhotokiniaにて参考展示が行われ、2013年夏に製品化が発表された交換レンズ。マイクロフォーサーズ規格カメラ装着時の焦点距離が85ミリ相当となる中望遠単焦点レンズで、開放F値はF1.2となる。

 開放値F1.2の大口径レンズながらサイズは74(最大径)×76.8(全長)ミリ、約425グラムと抑えられており、オートフォーカスと手ブレ補正機構も備える。AFはインナーフォーカスとスクリュー一体型ステッピングモーターによる駆動としたほか240fps駆動にも対応。手ブレ補正は「POWER O.I.S」を搭載する。鏡胴には絞りリングとAF/MF切り替えスイッチを搭載、カメラを構えたままで絞り値とフォーカス方式の変更も容易に行える。

 レンズ構成は非球面レンズ2枚、EDレンズ1枚、UHRレンズ1枚を含む11群14枚構成で、最短撮影距離は0.5メートル。最大撮影倍率は0.1(35ミリ換算0.2倍)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう