ニュース
» 2014年01月16日 18時27分 UPDATE

「EOS Kiss X7i」最新ファームウェア、STMレンズ使用時の不具合修正

デジタル一眼レフ「EOS Kiss X7i」のファームウェア「Ver 1.1.3」が公開された。STMレンズでライブビューおよび動画撮影時、発生するエラーが解消される。

[ITmedia]

 キヤノンはデジタル一眼レフ「EOS Kiss X7i」のファームウェア「Ver 1.1.3」を公開した(EOS Kiss X7i ファームウエア Version 1.1.3)。

 カメラとステッピングモーター搭載レンズと組み合わせ、ライブビューもしくは動画撮影を行った際、まれに「Err01」「Err60」の表示とともにカメラが動かなくなる現象が解消される。対象レンズは製品名に「STM」がつく、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」の3本。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.