ニュース
» 2014年01月23日 18時28分 UPDATE

「世界最速」AF搭載、光学20倍ズームコンパクト「FinePix F1000EXR」

富士フイルムがコンパクトデジタルカメラ「FinePix F1000EXR」を発売する。コンパクトボディに20倍ズームレンズを搭載し、「世界最速」という高速AFなどを備える。

[ITmedia]

 富士フイルムは1月23日、コンパクトデジタルカメラ「FinePix F1000EXR」を2月8日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万円前後。

photo 「FinePix F1000EXR」

 スリムなボディと高倍率ズームレンズの組み合わせが特徴となる「FinePix F」シリーズの最新モデル。像面位相差AFの採用などで「世界最速」(同社)という最速0.05秒のAFを実現、最薄部24.9ミリのボディには、光学20倍(35ミリ換算25〜500ミリ相当)ズームレンズを搭載している。

 Wi-Fiを搭載しており、アプリをインストールしたスマートフォン/タブレットからのリモート撮影と画像転送を行える。また、パソコンのストレージへの画像転送(バックアップ)も可能となっている。

 撮像素子は1/2型 有効1600万画素の裏面照射型「EXR CMOS II」、画像処理エンジンには「EXR Processor II」を組み合わせており、起動時間1.1秒、撮影間隔0.5秒、最速11コマ/秒といった高速動作を実現している。

 撮影機能としては「トイカメラ」「ミニチュア」など8種類のデジタルフィルター「アドバンストフィルター」や多重露出撮影機能、パノラマ撮影機能、フルHD動画撮影機能などを備える。動画撮影については画像処理エンジンの高速化によってAF追従速度を30%向上、手ブレを50%低減(いずれも従来機比)している。

 ボディサイズは105.1(幅)×61(高さ)×36(奥行き)ミリ、約230グラム(バッテリー、メモリカード含む)。カラーにはブラック、レッド、ゴールド、ホワイトの4色を用意する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.