ニュース
» 2014年01月23日 19時00分 UPDATE

「アクションカメラモード」搭載、タフネスデジカメ「FinePix XP70」

富士フイルムが防水などタフネス性能を備えたコンパクトデジタルカメラ「FinePix XP70」を発売する。眼前の映像を広くとらえることができる「アクションカメラモード」を搭載する。

[ITmedia]

 富士フイルムは1月23日、防水コンパクトデジタルカメラ「FinePix XP70」を2月22日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は2万円前後。

 防水などタフネス性能を備えた「FinePix XP」の最新製品で、水深10メートルまでの深さでも利用できる防水性能、1.5メートルの高さから落としても衝撃に耐える対衝撃性能、マイナス10度までの寒さに耐える耐寒性能、砂ぼこりなどの侵入を防ぐ防じん性能を備える。

photo 「FinePix XP70」(イエロー)

 レンズは35ミリ換算28〜140ミリ相当の光学5倍ズームだが、「アクションカメラモード」にすることでワイド端固定となるほか、別売の「アクションカメラレンズ」を組み合わせることで18ミリ相当のワイドな画角が利用できる。

 レジャーシーンでの利用を想定したボディ形状やボタン配置としたほか、背面液晶を低反射&高輝度型とすることで、屋外利用でも視認性を高い。搭載するWi-Fiによって、スマートフォン/タブレットからのリモート撮影と画像転送を行え、パソコンのストレージへの画像転送(バックアップ)も可能だ。

 撮像素子は1/2.3型 1640万画素CMOSセンサーで、自動シーン認識には「水中」「水中マクロ」も用意されている。フルHDでの動画撮影も行える。本体サイズは104.1(幅)×66.5(高さ)×25.9(奥行き)ミリ、約179グラム(バッテリー、メモリカード含む)。カラーはイエロー、ブルー、レッドの3色。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.