レビュー
» 2014年01月24日 00時00分 UPDATE

交換レンズ百景:「Df」で楽しむ、初めての1本に最適な広角単焦点――ニコン「AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED」

派手こそはないが、軽くて高速確実なAF、開放から使えるシャープさ、自然な色乗り、買いやすい価格と、フルサイズ購入者の初めての1本として勧められるレンズ、ニコン「AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED」を「Df」と組み合わせた。

[三井公一,ITmedia]

 ニコン「Df」が人気だ。まだ売り切れで入手しづらい状況が続いているが、きっと読者の皆さんの中には購入した方がいるに違いないと思う。そのDfにピッタリな、軽量コンパクトで買いやすい価格帯の新しい35ミリがニコンより登場した。「AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED」だ。重量は約305グラムという軽さなので、金属製の重たいオールドニッコールレンズと併せて持ち歩いても苦にならないのがうれしい。今回はこのレンズを「Df」で試してみたい。

photo 「AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED」と「Df」の組み合わせ

 AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDはニコン一連のF1.8ラインアップと同様の外観だ。上品でシンプルな鏡筒に、マニュアルでも操作しやすいフォーカスリングを持ち、F1.8というゆとりのある光学設計となっている。これで35ミリ、50ミリ、85ミリとAF-Sの単焦点F1.8レンズがそろったので、この3本とDfだけで撮影旅行なんていうのもいいかもしれない。

 使い勝手は他のF1.8シリーズと同等で、撮り手にレンズを意識させないほどボディと一体化する。特にDfとは相性がよく、ボディとのバランスがよく感じた。これは歩きながらの街中スナップなどでは頼りになる。M/Aモードも使いやすく、オートフォーカス中でも瞬時にマニュアルによるフォーカシングに移行が可能となっている。スナップ派の人は焦点距離を活かして、この機能をうまく使いたいものだ。

photo F9、1/250秒、ISO100、マニュアル、WB晴天

 すっきりとした青空にそびえ立つ建物。実に素直でクセのない描写で撮影できた。ビルのエッジはストレートに鋭く、ガラス内部に見えるカーテンなどもしっかりと表現できている。色乗りも自然な感じだ。

photo F1.8、1/60秒、ISO100、マニュアル、WB晴天

 35ミリという焦点距離は実に使い甲斐がある。寄れば標準に、引けばより広角にと、ゆがみも少なく様々なシーンでオールマイティーに使える。このような古民家でも奥行き感を出して撮影できる。落ち着きのある柔らかい雰囲気は見た目通りである。

photo F2.5、1/4000秒、ISO100、マニュアル、WB晴天

 チョイ絞りで鏡開きをした餅を撮影。独特の淡い色合いと、素材のディテールがよく写しとられている。シャープさとソフトさの同居がとてもいい雰囲気を出していると思う。

photo F1.8、1/250秒、ISO100、マニュアル、WB晴天

 絞り開放でモデルの瞳にフォーカスして撮影。前後のボケがとても豊かで美しい。以前インプレッションした“あの”「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」に近い印象を受ける。柔らかに連続して優しくボケていく感じがとても気に入った。

photo F1.8、1/2000秒、ISO100、マニュアル、WB晴天

 ポートレートというと中望遠レンズで、というイメージがあるが、クセのない描写のこのレンズでなら、モデルの特長を活かして撮影に使わない手はない。この場合はモデルの長い足を手前に入れ、背景に木々を配置して絞り開放で撮影した。前後のボケが自然で美しいので立体感がグッと出た。肌の質感にも注目して欲しい。

photo F1.8、1/200秒、ISO100、マニュアル、WB晴天

 クセは少ないが35ミリは広角レンズだ。このようにジャングルジムに入って撮影すると遠近感がよく出て面白い。モデルに自由に動いてもらったが、AFも速く確実に瞳をとらえ続けた。顔周辺からファーの帽子までの描写は開放ながら実にシャープに感じる。

photo F1.8、1/500秒、ISO100、マニュアル、WB晴天

 このレンズは派手こそはないが、高速で確実なAF、開放から使えるシャープさ、自然な色乗り、軽量コンパクト、買いやすい価格と、ニコンのフルサイズを初めて買った人にオススメしたい単焦点広角レンズに仕上がっていると思う。上のカットはモデルの瞳にフォーカスしたものだが、瞳に映り込むDfを構える私がしっかりと分かる。もちろんこの上品なボケと軽量コンパクトさを味わいたい人にもオススメできるレンズだ。

(編注:本記事では一般的な撮影状態での利用を念頭としているため、人物撮影にレフ版などは利用しておりません)

(モデル:佐藤麗奈 オスカープロモーション)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.