ニュース
» 2014年01月28日 14時30分 UPDATE

富士フイルム、“世界最大表示倍率”EVF搭載の80周年記念モデル「FUJIFILM X-T1」

富士フイルムが投入を告知していたFUJIFILM Xシリーズの新製品として、大型EVFと防じん防滴ボディの「FUJIFILM X-T1」を発表した。

[ITmedia]

 富士フイルムは1月28日、投入を告知していたFUJIFILM Xシリーズの新製品として「FUJIFILM X-T1」を発表した。2月15日よりボディおよび「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」を組み合わせたレンズキットを販売開始する。実売想定価格はボディのみが15万円前後、レンズキットが19万円前後。

photo

 236万画素有機ELのEVFは「デジタルカメラとしては世界最大の表示倍率」(同社)というファインダー倍率 約0.77倍(35ミリ換算50ミリ、無限遠)を誇り、その表示タイムラグは約0.005秒と非常に短い。撮像素子は像面位相差AF機能を持った「X-Trans CMOS II」を搭載しており、AF追従時の連写も約8コマ/秒と高速だ。

photophoto

 ボディ素材にはマグネシウムダイキャストを採用しており、各所に施されたシーリングによって防じん防滴機構としているほか、−10度の低温でも利用できる耐低温性能も備える。3型/104万画素の背面液晶はチルト式機構を採用する。

 詳細については追って掲載する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.