ニュース
» 2014年02月03日 19時54分 UPDATE

デジタルカメラ総合販売ランキング(2014年1月20日〜26日):定番人気変わらずも、「DMC-GM1」が再ランクイン (1/2)

デジタル一眼の人気モデルに変化はないが、“小さい”ことに割り切った「DMC-GM1」が再度ランクインしたほか、ソニーのNEX-3NとNEX-5Tも人気となっている。

[ITmedia]

 デジタル一眼ランキングのトップ3はキヤノン「EOS Kiss X5 ダブルズームキット」、ニコン「D5200 ダブルズームキット」「D3200 ダブルズームキット」と並ぶところまでは前回から変化していないが、パナソニックの「DMC-GM1」が再度のランクインを果たした。

 パナソニックの小型機「DMC-GM1」が再度のランクインを果たした。レンズ2本が付属し幅広い焦点距離となるキット(いわゆるダブルズームキット)が人気の中、付属レンズは小型のズーム1本(35ミリ換算24〜64ミリ相当)と割り切りながらも、撮影および携帯時の小ささを優先したモデルの人気はまだ持続しているようだ。

photo 「DMC-GM1」

 そのほかにはソニー「NEX」シリーズの大量ランクインが目立つ。ボディとしては「NEX-3N」と「NEX-5T」の2機種だが、電動ズームレンズキットとダブルズームレンズキットがそれぞれランクインしており、合計4モデルがランクインしている。NEX-3Nについては後継モデル「α5000」が発表されており、NEX-3Nでは対応していなかったカメラアプリに対応しておりWi-Fiも搭載、画素数も1610万画素から2010万画素へと向上している。

photophoto 「α5000」
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.