ニュース
» 2014年02月06日 17時57分 UPDATE

タムロン、フルサイズ対応高倍率ズーム「28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)」を開発表明

タムロンは2月6日、フルサイズ対応高倍率ズームレンズ「28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)」の開発発表を行った。

[ITmedia]

 タムロンは2月6日、フルサイズ対応高倍率ズームレンズ「28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)」の開発発表を行った。キヤノン、ニコン、ソニー用を用意し、価格および発売日は未定。13日から開催されるCP+同社ブースに展示する。

photo 「28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)」

 LD(異常低分散)レンズ4枚、ガラスモールド非球面レンズ3枚、複合非球面レンズ1枚、高屈折率ガラス1枚、超高屈折率ガラス1枚といったレンズ構成の採用によって高倍率化と描写力、さらには小型化を両立。描写については望遠側での色収差が低減されており、ヌケのよい画像を実現したという。コーティングには、BBAR(Broad-Band Anti-Reflection)コーティングを採用する。

 AFには超音波モーター「PZD」によって高速化と静音化を図った。フルタイムマニュアルフォーカスも使用できる。手ブレ補正機構「VC」も搭載する。簡易防滴構造とすることで、内部に水滴が浸入しにくい配慮も施されている。サイズは74.4(最大径)×96(全長)ミリ、540グラム。

 

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.