ニュース
» 2014年02月07日 13時55分 UPDATE

パナソニック、4K動画撮影可能なミラーレス「DMC-GH4」を投入

パナソニックが、ミラーレスカメラとしては世界初となる4K動画機能を搭載した「DMC-GH4」の開発発表を行った。「CP+ 2014」にて実機を展示する。

[ITmedia]

 パナソニックは2月7日、ミラーレスカメラ「DMC-GH4」を開発発表を行った。ミラーレスカメラとしては世界初となる4K動画機能を搭載し、映像制作の分野での存在感発揮を狙う。発売日および価格は未定。2月13日より開催される「CP+ 2014」にて実機を展示する。

photo 「DMC-GH4」

 4K動画は4096×2160ピクセルおよび3840×2160ピクセルの設定が可能で、4K撮影時のビットレートは最大100Mbps。保存されるファイル形式は.MOVとなる。AFについては、ピント位置の異なる画像から空間を認識し、被写体までの距離を導き出す新開発の「空間認識AF」を採用しており、より高速なAF動作を実現している。

 撮像素子は新開発された4/3型 有効1605万画素 LiveMOSセンサーを搭載しており、同じく新開発のヴィーナスエンジンと組み合わせることで既存製品(DMC-GH3)比で、ダイナミックレンジ25%拡大、コントラスト30%向上、限界解像5%向上、ISO25600で3db以上のS/N比向上など、より画質が高められている。

photo

 ファインダーには236万画素相当の有機ELファインダー(視野率100%、倍率1.34倍、アイポイント21ミリ)を搭載しており、背面にもバリアングル機構を備えた104万画素の有機ELディスプレイを搭載する。オプションとしては縦位置のバッテリーグリップ、ACアダプター、SDIやXLRなどの端子類を備えたインタフェースユニット、ガンマイクなどを用意する。

photophoto カットモデル
photo ボディサイズは132.9(幅)×93.4(高さ)×83.9(奥行き)ミリが予定されており、ほぼGH3と同サイズの見込み

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.