ニュース
» 2014年02月12日 14時00分 UPDATE

1800万画素センサー搭載のエントリーEOS 「EOS Kiss X70」

キヤノンがデジタル一眼レフのエントリーモデル「EOS Kiss X70」を発売する。使いやすさはそのままに、センサーの高画素化や背面液晶のサイズアップなど基本性能を大幅に向上させた。

[ITmedia]

 キヤノンは2月12日、デジタル一眼レフ「EOS Kiss X70」を3月下旬より販売開始すると発表した。ボディのみ、交換レンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」とのレンズセットが用意されいずれも価格はオープン。同社直販サイト価格はボディのみが5万800円(税別)、レンズキットが6万800円(税別)。

 同社デジタル一眼レフのエントリーモデル「EOS Kiss X50」(レビューまとめはこちら)の後継モデル。カメラ任せできれいな写真を撮れる「シーンインテリジェントオート」など、使いやすさを高める機能はそのままに画素数の向上や背面液晶の大型化、各種デジタルフィルターなど、全面的になアップデートが施されている。

photo

 APS-Cサイズ(約22.3×14.9ミリ)の撮像素子はX50の有効 約1220万画素CMOSセンサーから、有効 約1800万画素CMOSセンサーへと高画素化されており、ここに画像処理エンジンとして「DiGiC 4」を組み合わせる。ISO感度はISO 100〜ISO 6400で感度拡張によってISO12800相当までの増感が行える。フルハイビジョンでの動画撮影も行える。

 シーンインテリジェントオートは、被写体や情景に応じて、フォーカス/露出/ホワイトバランス/オートライティングオプティマイザ/ピクチャースタイルの5つをカメラが制御する全自動の撮影モード。撮影モードダイヤルの「A+」を選択すればこの撮影モードとなるため、気軽に利用できる。

photophoto

 「くっきり鮮やかに」「暖かくやさしく」「しっとり深みのある」「ほの暗くひっそりと」などという言葉にあわせた仕上がりになるよう、ホワイトバランスやピクチャースタイル、露出などが自動補正される「表現セレクト」や、ラフモノクロ/魚眼風/ソフトフォーカスといった5種類のデジタルフィルターも用意されている。

 そのほか撮影後にカメラ内でファイルサイズを変更する(リサイズ)機能や、ライブビュー撮影時にアスペクト比を標準の3:2以外にするマルチアスペクト(4:3、1:1、16:9が選択可能)、指定した画像をEOS Utilityでパソコンの取り込むと専用フォルダに収納されるフォトブック指定といった機能も備えている。

 背面液晶は3型(46万画素)で、ファインダー視野率は上下左右ともに約95%、倍率は約0.8倍。AF測離点は9点(中央F5.6対応)。連写は最高3コマ/秒となっている。本体サイズは129.6(幅)×99.7(高さ)×77.9(奥行き)ミリ。435グラム(本体のみ)。

関連キーワード

EOS | キヤノン | EOS M | 交換レンズ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.