ニュース
» 2014年02月12日 11時00分 UPDATE

狙った獲物は逃さない “ワシの目”照準器搭載 オリンパス「STYLUS SP-100EE」

オリンパスは世界初という、ドットサイト式照準器を搭載した超高倍率ズーム機「STYLUS SP-100EE」を発売する。EEはEagle Eyeの略称。

[ITmedia]

 オリンパスは2月12日、ドットサイト式照準器を搭載した超高倍率ズーム機「OLYMPUS STYLUS SP-100EE」を3月上旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は5万5000円前後(税抜)。

photo 「OLYMPUS STYLUS SP-100 EE」

 光学50倍(35ミリ換算24〜1200ミリ)のズームレンズを搭載する超高倍率ズームレンズ機で、EVFと内蔵ストロボの間に「デジタルカメラでは世界初の搭載」(同社)という照準器を備え、光点と被写体を重ねることで高倍率時でも動く被写体の撮影を容易に行えるとしている。

photophoto 半透過型ミラーを通して被写体を確認できる。ミラーにはLED光源から赤い光(ドットスポット)が投射されており、その光点と被写体を重ね合わせて撮影する

 ズームレバーはシャッターボタン一体型レバーのほか、鏡胴側面にも用意されており、レンズ交換式カメラ+ズームレンズのようなホールド性の高い撮影姿勢を取ることもできる。50倍ズームレンズながらスーパーマクロ機能を備えており、1センチまでの接写も可能だ。

 撮像素子は1/2.3型 有効1600万画素 裏面照射型CMOSセンサーで、画像処理エンジンは「TruePic VII」を組み合わせる。92万画素のEVFも搭載する。撮影機能としては1080/60Pのフルハイビジョン撮影機能や7種類のアートフィルターなども用意する。背面液晶は3型/64万画素で、サイズは121.2(幅×91.3(高さ)×133.2(奥行き)ミリ、589グラム(バッテリー、メモリカード含む)。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.