ニュース
» 2014年02月12日 11時00分 UPDATE

水中で自分撮り チルト液晶搭載のタフカメラ「OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough」

オリンパスは防水などのタフネス性能を備えたコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough」「OLYMPUS STYLUS TG-835 Tough」を発売する。TG-850はチルト液晶を搭載、“水中での自分撮り”など多彩な撮り方を楽しめる。

[ITmedia]

 オリンパスは2月12日、防水などのタフネス性能を備えたコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough」「OLYMPUS STYLUS TG-835 Tough」を3月下旬より順次販売開始すると発表した。価格はいずれもオープン。実売想定価格はTG-850が3万5000円前後(税別)、TG-835が3万円台前半(税別)。

 「OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough」は同社タフカメラとしては初めて、自分撮り可能な180度可動のチルト式液晶を搭載。液晶を動かした状態でも防水性能に変化はないため、カメラ本体を水中に入れて液晶を水面に出す、水中で自分撮りをするなど、これまでのToughシリーズではできなかった撮影スタイルを楽しめる。

photophoto
photophoto 「OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough」

 タフネス性能は、10メートルの防水性能、2.1メートルの落下に耐える耐衝撃性能、マイナス10度の環境下でも撮影可能な耐寒性能、100kgfの耐荷重性能と既存モデル「OLYMPUS STYLUS TG-830 Tough」と同様。レンズも同じく光学5倍だが、焦点距離は35ミリ換算21〜105ミリ相当と21ミリ相当からとなり、風景や水中で活用できる。

 撮像素子は1/2.3型 有効1600万画素 裏面照射型CMOSセンサーで、同社「OM-D E-M1」にも登載される画像処理エンジン「TruePic VII」を組み合わせた「iHS」テクノロジーを実装することで、起動時間短縮、AF合焦時間短縮、連写性能といった操作の快適さを実現している。

 撮影機能としては7種類のアートフィルターのほか、最大99枚までを撮影できるインターバル撮影機能、最大360度のパノラマ撮影機能、240/120fpsのハイスピード動画撮影機能、電子納品のCALAに準拠した画像サイズで撮影する「CALS+モード」などを備える。

 「OLYMPUS STYLUS TG-835 Tough」は背面液晶がチルト式ではなく固定式になっているが、GPSと電子コンパスを搭載しており、“旅カメラ”のニュアンスが強い製品。。1/2.3型 有効1600万画素 裏面照射型CMOSセンサーに35ミリ換算28〜140ミリの光学5倍ズームレンズを組み合わせる。カラーはブルーとシルバーの2色となる。

photophoto 「OLYMPUS STYLUS TG-835 Tough」

関連キーワード

OLYMPUS STYLUS | 自分撮り | 防水 | オリンパス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.