ニュース
» 2014年02月12日 16時56分 UPDATE

カールツァイス、等倍撮影可能な「Touit 2.8/50 マクロプラナー」を発売

カールツァイスはソニーEマウントと富士フイルムXマウント用交換レンズ「Touit」の第三弾として、等倍撮影可能なマクロレンズ「Touit 2.8/50 マクロプラナー」を発売する。

[ITmedia]

 カールツァイスは2月12日、交換レンズ「Touit 2.8/50 Makro-Planar T*2.8/50 M」を3月下旬より販売開始すると発表した。ソニーEマウントと富士フイルムXマウント用を用意し、いずれも価格は11万2500円(税込)。

photophoto 「Touit 2.8/50 Makro-Planar T*2.8/50 M」 左のフジフイルムXマウント用は絞りリングが用意される

 ミラーレス用レンズ「Touit」の第3弾製品で、等倍撮影可能なマクロレンズ。フォーカスは撮影時に繰り出しのないインナーフォーカス方式で、オートフォーカスも搭載する。レンズ構成は非球面レンズと特殊低分散レンズをそれぞれ2枚ずつ利用した11群14枚構成で、コーティングには同社ならではの「カールツァイスT*コーティング」を施した。絞り羽根は9枚羽根で、真円に近いボケを描写する。

 全長は104ミリ(Eマウント)/108ミリ(Xマウント)で、最大径は65ミリ、重量は290グラム。13日より開催されるCP+同社ブースでは同レンズを実写できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.