ニュース
» 2014年02月13日 23時40分 UPDATE

CP+ 2014:新製品「OM-D E-M10」「SP-100EE」体験コーナーが人気のオリンパス

CP+のオリンパスブースでは、発表されたばかりのマイクロフォーサーズ機「OM-D E-M10」や、ドットサイト式照準器搭載の超高倍率ズーム機「STYLUS SP-100EE」を実際に試用できるコーナーが人気だ。

[ITmedia]

 CP+のオリンパスブースでは、発表されたばかりの「OM-D E-M10」や「STYLUS SP-100EE」を実際に試用できるコーナーが人気だ。開発発表のなされたM.ZUIKO PRO」シリーズの交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」ならび「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 PRO」の参考展示も行われている。

photo オリンパスブース

 「OM-D E−M10」はOM-Dシリーズ最上位機「OM-D E-M1、中級機「OM-D E-M5」に続くエントリーモデル。エントリーモデルながらも撮像素子はE-M5と同様の有効1605万画素 4/3型 ハイスピードLive MOSセンサーを搭載し、ここにE-M1と同様の画像処理エンジン「TruePic VII」を組み合わせる。

 キットレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」はカメラ本体の電源と連動する沈胴式機構を備えており、カメラに装着した状態(撮影可能状態)でもシステム全体の奥行き約64ミリ、約460グラムに収まるスモールサイズも魅力となっている。

photophoto 「OM-D E-M10」 キットレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」装着状態
photo 同社レンズおよびアクセサリーを体験できるコーナーも設けられており、人気を博してる

 「STYLUS SP-100EE」はドットサイト式照準器を搭載した超高倍率ズーム(光学50倍 35ミリ換算24〜1200ミリ相当)機。大きな特徴であるドットサイト式照準器は半透過型ミラーを通して被写体を確認でき、そのミラーにはLED光源から赤い光(ドットスポット)が投射されており、その光点と被写体を重ね合わせて撮影する。

photophoto 照準器とズームレンズを伸ばした「STYLUS SP-100EE」(写真=左)、テレ端で照準器を使って被写体をとらえた状態(写真=右)

 「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 PRO」は2015年以降の発売ということもあってかショーケースの中。サイズ感を確認できるにとどまっている。レンズについては、新製品の大口径標準レンズ「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」やフィッシュアイボディーキャップレンズ「BCL-0980」などは実際に試用可能だ。

photo 開発発表のされた2本を加えると4本となる「M.ZUIKO PRO」シリーズレンズ。手前左が「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」、手前右が「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 PRO」
photo 3月に販売開始される「OM-D E-M5」に交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」を組み合わせた「OM-D E-M5 PRO レンズキット」 ボディにブラックのレザートーン塗装を施し、グリップに革調のデザインを採用した特別仕様だ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.