ニュース
» 2014年02月14日 13時10分 UPDATE

CP+ 2014:幅広い製品展示のリコーブース、チルト液晶搭載の新「645D」参考出品

リコーイメージングブースでは、中判デジタル一眼レフカメラの新製品「PENTAX 645D 2014(仮称)」を展示するほか、防水デジカメ「WG」シリーズを「かっこいい動画」撮影カメラとして紹介するなど、趣向もこらしている。

[mi2_303,ITmedia]

 CP+のリコーイメージングブースでは、中判デジタル一眼レフカメラの新製品「PENTAX 645D 2014(仮称)」を参考出品している。ハイアマチュア向けの製品として発売した645Dだがプロからのニーズも高く、新製品ではレスポンスの向上などを図りながら、テザー撮影などに対応するようにしていきたいとのこと。

photo リコーイメージングブース

 645Dシリーズは、カメラに装着するデジタルバック製品とは違い一体型であることから風景撮影などの信頼性が高い点が強みであるという。新製品はイメージセンサーのサイズは既存製品と同じだが、画素数などの詳細は未定であった。またPENTAX 645D 2014(仮称)の隣には645マウントの広角ズームレンズも参考展示されている。こちらはデジタル対応の最新の光学設計となる。

photo 参考出品のPENTAX 645D 2014(仮称)
photophoto
photo 参考出品の645マウント広角ズームレンズ

 同じく参考出品として「フィルム複写用アクセサリー」も展示されている。100ミリ程度のマクロレンズを使用し、セットしたポジフィルムやネガフィルムに背面からクリップオンストロボを照射して撮影する。フィルムスキャナより短時間で高精度のデジタル化が可能。ペンタックス以外のカメラボディでも使用可能で、高画素のフルサイズ機がお勧めとのことだった。こちらもハイアマチュアからプロのニーズがありそうな製品だ。

photophoto フィルム複写用アクセサリー
photo インパクトのあるカラバリ展示
photo

 デジタル一眼レフカメラKシリーズや望遠マクロレンズの発表があったQシリーズなどのほかにも、今回は水中撮影が可能なWGシリーズの新製品「WG-4」「WG-4 GPS」「WG-20」の展示に力を入れている。WGシリーズは過酷な環境下で撮影できることで、スマートフォンとの差別化も図っているという。

 LED補助光をレンズ周りに搭載するデジタル顕微鏡モードなど独自機能を搭載するWGシリーズだがまだまだ認知度が低いため、ロードバイク用のアダプターを用意し「かっこいい動画」も撮影できるデジカメとして訴求していきたいとのことだった。ブース内にはWG-4で撮影されたハイスピード動画や1センチマクロ動画などの映像を視聴できるのでぜひ確認してみて欲しい。

photophotophoto 3種類のWGシリーズ新製品(写真=左)。レンズの周りにはLEDライト(写真=中央)。LEDライトライトで接写時でもこのように明るく撮影できる(写真=右)
photophotophoto 車載アクセサリー(写真=左)。多彩な動画撮影モード(写真=中央)。オートバイに装着して撮影した迫力のデモ映像(写真=右)
photophotophoto 同社が手がける各マウントの2014年以降のレンズロードマップも発表されている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.