ニュース
» 2014年02月27日 17時40分 UPDATE

小さくて抗菌、ママに優しい“Baby Everio”に大容量メモリモデル

赤ちゃんや小さな子どもを持つママに向けた“Baby Everio”に大容量メモリモデルが追加。撮影時180グラムの軽さは変わらず、最長で13時間30分の記録が可能だ。

[ITmedia]

 JVCケンウッドは2月27日、デジタルビデオカメラ“Everio”の新製品として、「GZ-N5」を3月上旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は7万円前後(税別)。

photo “Everio”「GZ-N5」

 赤ちゃんや小さな子どもを持つママに向けて“Baby Everio”として登場した「GZ-N1」をベースに内蔵メモリを32Gバイトに増量(GZ-N1は8Gバイト)、長時間の記録に対応した上位モデル。32Gバイトの内蔵メモリには、最長で約13時間30分の記録を行える。

 基本的な仕様はGZ-N1から変更なく、抗菌コート仕上げのボディは「AVCHD記録可能な家庭用フルハイビジョンビデオカメラとして世界最小最軽量」(同社)という、47(幅)×56(高さ)×86(奥行き)の小ささ、そして約150グラム(バッテリー装着時約180グラム)の軽さだ。

 センサーとレンズは、1/2.3型 総画素1276万画素CMOSセンサーに、35ミリ換算 動画撮影時29.4〜409ミリの光学10倍ズームレンズを組み合わせる。284のパターンを自動認識して、最適な撮影設定をカメラが行う「インテリジェントオート撮影」機能も搭載する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.