ITmedia NEWS >
連載
» 2014年03月25日 23時06分 公開

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:第46回 iPhoneで桜の花びらをピシッと撮る方法 (3/3)

[荻窪圭,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

iOS7.1で連写した写真もまるごとフォトストリームに

 もうひとつはフォトストリーム関連。

 えっと、設定の「写真とカメラ」で「自分のフォトストリーム」をオンにしているという前提でお話しします。

 iPhoneで撮った写真(動画を除く)は、Wi-Fi環境下にくると、自動的に勝手にこっそりと静かにインターネットを介してiCloudにアップロードされる。これをフォトストリーム機能という。

 iCloudでは最大1000枚まで保管していてくれる。

 「自動的にクラウドに写真をバックアップしてくれる」ってことなのだ。

 「自分の」ってついてるところがミソで、例えばわたしはiPhone5sとiPad Airを持ってる。すると「自分のフォトストリーム」にiPhoneで撮った写真もiPadで撮った写真もアップロードされて入っていくのだ。

 自分のフォトストリームには自分のiPhone、iPad、パソコンから見ることができる(というか、自動的にダウンロードされる)ので、iPhoneで撮った写真をiPadから見たり開いたりできるわけである。

photo 「自分のフォトストリーム」ってのがそう

 「自分の」っていいかたはちょっと曖昧なんだけど、要するに「同じAppleIDでログインしてる機器」のこと。これの何がうれしいかというと、iPhoneとiPadの2台持ちしてる人は画面がでかいiPadで写真を編集できるってのもあるけれども、主な用途はパソコンへのバックアップである。

 iPhoneで撮った写真はパソコンにバックアップしておきたい。iPhoneで撮った写真をパソコン上でいじりたい(ブログにはりつけるとか、家でゆっくりFacebookにアップロードするとか、プリントするとか)。

 そういうとき、パソコンを立ち上げると(Macの場合は、iPhotoかApertureを起動したとき)、自動的にフォトストリームにある写真がパソコンにダウンロードされるのである。これは便利。

 自動的にiPhoneで撮った写真がパソコンにバックアップされるのだ。iPhoneで撮った写真をiPhone以外から自由に使えるってことだから。この原稿もフォトストリームのおかげで、作業が格段に楽になっております。

 で、iOS7が出たときにひとつややこしい事象が発生した。

 高速連写機能(バーストモード)である。iPhoneで連写した写真は、「お気に入りにしたもの」だけがフォトストリームに上がってたのである。

 それはそれでいいんだけど、バックアップという観点ではちょっと不便。撮った写真はとりあえず全部パソコンにバックアップしときたいというニーズもあった。

 でそれができるようになったのだ。

photo バーストの写真をアップロードする」をオンにすると、連写した写真がすべてフォトストリームにアップロードされる

 設定の「写真とカメラ」に「バーストの写真をアップロード」というスイッチがついたのである。これをオンにすると撮った写真全部がアップロードされる。

 このオンオフは慎重に。連写をよく使う人は、連写写真全部がアップロードされちゃうってことだから、ものすごい枚数になっちゃうからだ。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.