ニュース
» 2014年04月30日 15時44分 UPDATE

「FUJIFILM X-E2」にEVFタイムラグ短縮などの最新ファームウェア

「FUJIFILM X-E2」の最新ファームウェア(Ver 2.00)が提供開始された。適用することで、EVFの表示タイムラグ短縮などの機能強化および追加が行われる。

[ITmedia]

 富士フイルムは4月30日、「FUJIFILM X-E2」の最新ファームウェア(Ver 2.00)を提供開始した。適用することで、EVFの表示タイムラグ短縮などの機能強化および追加が行われる。なおEVFタイムラグの短縮については、シリーズ商品企画を担当する同社光学電子映像事業部の上野隆氏がインタビュー時に投入を予告していた。

photophoto FUJIFILM X-E2
  • EVFのタイムラグ短縮

 新ファームウェアを適用することで既存の1/10以下、最新機種「X-T1」同等の約0.005秒まで短縮する。

  • 撮影時スルー画のフレームレート改善

 最大フレームレートを50fpsから54fpsへと高速化

  • フォーカスピーキングの色が選択可能に

 ホワイトのほかブルーとレッドが新たに選択可能となり、各色に「強」「弱」の設定も用意される

  • Fnボタンへ割り当て可能な機能が追加

 Fn(ファンクション)ボタンに「顔キレイナビ」と「EVF/LCD選択」を割り当て可能に

  • ストロボ機能の選択メニューに「発光禁止」が追加
  • フィルムシミュレーションブラケティングの不具合修正

 フィルムシミュレーションブラケティングで3枚目を「PRO Neg.Hi」に設定していても「ASTIA」になってしまう不具合を修正

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.