ニュース
» 2014年05月09日 12時36分 UPDATE

全天球カメラ「RICOH THETA」 デザフェス オフィシャルカメラに

[ITmedia]

 リコーイメージングの全天球カメラ「RICOH THETA」が、アジア最大級のアートイベント「デザインフェスタvol.39」のオフィシャルコミュニティカメラとして採用された。

  本イベントでは約1万1000人のアーティストが3400ブースで作品展示、ダンス、ショーなどを披露、その様子をスタッフがRICOH THETAで撮影する。撮影された全天球イメージ画像は会場のシアタースペースのスクリーンに投影されるほか、イベント専用のTwitterアカウント( @designfesta360 )に投稿される。

photo

 また、RICOH THETAのオフィシャルサイト「theta360.com」にも、デザインフェスタのページがオープンする予定で(5月13日オープン予定)、撮影された全天球イメージはこちらからも閲覧できる。

 デザインフェスタvol.39は5月17日/18日に開催され、会場は東京ビッグサイト西ホール。入場料は1日券1000円(前売り800円)、両日券が1800円(前売り1500円)。

関連キーワード

RICOH THETA


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう