ニュース
» 2014年05月12日 10時33分 UPDATE

「世界遺産の森と木フォトコンテスト」、キヤノンが特別協賛

キヤノンマーケティングジャパンは、12月1日より募集を開始する「世界遺産の森と木フォトコンテスト」への特別協賛を発表した。

[ITmedia]

 キヤノンマーケティングジャパンは、12月1日より募集を開始する「世界遺産の森と木フォトコンテスト」への特別協賛を発表した。

photo

 本コンテストは、世界自然遺産4カ所(白神山地・屋久島・知床・小笠原諸島)及び世界文化遺産13カ所(法隆寺・姫路城・古都京都・白川郷・原爆ドーム・厳島神社・古都奈良・日光・琉球王国・紀伊山地・石見銀山・平泉 ・富士山)の森林及び木造建築物を対象としたコンテストで、国土緑化推進機構および日本森林林業振興会の主催によって行われる(富岡製糸場が登録された場合も対象となる)。

 作品はプリントのみを受け付け(1人当たり5枚以内)、写真家の今森光彦氏、立木義浩氏、秦達夫氏が審査にあたる。最優秀作品には賞金10万円と副賞として「EOS 5D Mark III」、優秀賞には賞金5万円と「EOS 6D」、東北復興支援賞には賞状ならび「PowerShot G1 X Mark II」などが贈られる。

 審査発表は来年3月中旬が予定されており、受賞作品は全国キヤノンギャラリーでの展示も予定されている。募集要項などは日本森林林業振興会のWebサイト http://www.center-green.or.jp/ を参照のこと。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.