ニュース
» 2014年05月14日 14時00分 UPDATE

最長20日のインターバル撮影が可能なカシオ「EX-ZR850」 朝顔の開花記録もこれでバッチリ

カシオが“EXILIM”の新製品として18倍ズームレンズを備えた「EX-ZR850」を発売する。最長約20日間(1時間あたり1枚で約500時間分)にも及ぶインターバル撮影が可能だ。

[ITmedia]

 カシオ計算機は5月14日、コンパクトデジタルカメラ“EXILIM”の新製品として18倍ズームレンズを備えた「EX-ZR850」を5月23日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万2000円前後(税別)。

photo 「EX-ZR850」 カラーは写真のホワイトのほか、レッドとブルーを用意する

 新製品は最長約20日間(1時間あたり1枚で約500時間分)にも及ぶインターバル撮影機能を搭載、植物の開花などの記録にも適する。撮影した静止画は動画として保存することもできる。

 高速連写も既存モデルに引き続き備えており、最大で30枚/秒(最大30枚)の連写が可能となっており、水風船の割れる様子や昆虫の飛び立つ瞬間など、肉眼ではとらえることのできない瞬間を納めることが可能だ。

photo

 そのほか撮影機能も多くを既存モデルから踏襲しており、、シャッターボタン半押しで記録を開始し、全押しされた瞬間にその1枚と前後、あわせて3枚を記録する「トリプルショット」や、手前と奥にピントを合わせた複数の写真を合成して手前から奥までピントの合った写真とする「全焦点マクロ」など、特徴ある撮影機能を多く搭載している。

 光学18倍ズームレンズ(35ミリ換算25〜450ミリ相当)には、最大シャッタースピード5段分相当の手ブレ補正を備え、撮像素子は1/2.3型 有効1610万画素CMOSセンサーを搭載する。手ブレ補正機構は光学式と電子式の併用で、上下左右の回転補正は光学式、上下左右移動ならびに回転軸の補正は電子式で行う5軸式となっている。

 本体にはWi-Fiも搭載、スマートフォンへの画像転送やリモート撮影にも対応する。本体サイズは107.4(幅)×60(高さ)×30.7(奥行き)ミリ、約222グラム(バッテリー、SDメモリーカード含む)。

photo 「宙玉」撮影機能も搭載

関連キーワード

カシオ計算機 | 連写 | 手ブレ補正 | EXILIM


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.