ニュース
» 2014年05月16日 13時00分 UPDATE

「世界最多」79点測距 AFを鍛え上げた「α77 II」

ソニーがデジタル一眼の新製品「α77 II」を発売する。位相差AFセンサー搭載機では世界最多という79点の測距点を持つなど、AFまわりを大幅に強化した。

[ITmedia]

 ソニーは5月16日、APS-Cサイズセンサーを搭載したAマウントカメラ「α77 II」を6月6日より販売開始すると発表した。ボディのみ(ILCA-77M2)、交換レンズ「DT 16-50mm F2.8 SSM」をセットしたレンズキット(ILCA-77M2Q)が用意されいずれも価格はオープン。実売想定価格はボディのみが13万5000円前後、レンズキットが19万円前後(いずれも税別)。

photo α77 II レンズキット

 写真愛好家を対象とした中級機に位置づけられ、2011年10月に販売開始された「α77」の後継となるモデル。半透過ミラーを利用したAFシステム「トランスルーセントミラーテクノロジー」や有効2430万画素のフル画素で最高12コマ/秒の高速連写を行える速写性は引き続き備え、AF性能を大幅に強化した。

photo
photo

 AFの位相差センサーはα77の19点(11点クロス)から79点(15点クロス)へと大きく強化されており、79点という点数は「専用位相差AFセンサー搭載のレンズ交換式デジカメとしては世界最多」であるという。

 多点センサーを生かすため、指定点から被写体が外れてもその周辺ポイントを使用して被写体をとらえる「拡張フレキシブルスポット」やピント位置を範囲として指定する「AFレンジコントロール」、5段階のAF追従感度設定、瞳にピントを合わせる「瞳AF」などといった機能や設定が多く盛り込まれている。

 搭載する撮像素子はα77と同画素数の有効2430万画素“Exmor”CMOSセンサー(23.5×15.6ミリ)だが、ギャップレス構造を採用して集光効率の向上を果たしたほか、組み合わせる画像処理エンジンもα7同様の「BIONZ X」とており、回折低減やエリア分割ノイズリダクション、輪郭強調を抑えて自然な立体感を得る「ディテールプロダクション」などの技術が投入されている。

 有機ELを利用した0.5型EVF(解像度はXGA/235.9万画素相当)や3軸チルト式液晶といった特徴も継承するが、背面液晶は122.8万画素の“WhiteMagic”液晶となり屋外での視認性を高めている。「α7」から採用された操作UI「クイックナビプロ」やAVCHD Ver2.0に準拠したフルHD動画撮影機能なども備えている。Wi-FiとNFCも備える。サイズは約142.6(幅)×104.2(高さ)×80.9(奥行き)ミリ、約726グラム(バッテリー、メモリカード含む)。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.