ニュース
» 2014年05月16日 13時00分 UPDATE

ポップアップ式EVF搭載 新レンズでより近づける サイバーショット「DSC-RX100 III」

「1型 2000万画素」「裏面照射&チルト」と来て、次は「ポップアップ式EVF」。ソニー「DSC-RX100」の3代目が登場した。

[ITmedia]

 ソニーは5月16日、デジタルカメラ“サイバーショット”の新製品「DSC-RX100 III」(マークスリー)を5月30日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は8万8000円前後。

photo 「DSC-RX100 III」

 ヒットモデル「DSC-RX100」をベースとしたバリエーションモデルでセンサーは既存製品「DSC-RX 100IIと同等ながら、新レンズとポップアップ式のEVFを搭載、XAVC Sでの高ビットレート動画にも対応した。なお、既存のRX100シリーズ2製品も併売される。

 レンズは35ミリ換算24〜70ミリ F1.8-F2.8のカールツァイス「バリオ・ゾナーT*」で既存モデルの搭載レンズ(RX100/100 IIは28〜100ミリ相当 F1.8-F4.9)に比べ、焦点距離が広角側にシフトし、望遠端が開放F値 F2.8とより明るくなった。

photo

 レンズの変更に伴い最短撮影距離も変わっており、ワイド端で5センチ、テレ端で30センチ(RX100 IIでは5センチ/55センチ いずれもレンズ先端から)となり、より被写体に接近できるようになった。また、絞り値では3段分に相当するNDフィルターを内蔵しており、開放から積極的に利用できる。

 撮像素子はRX100 IIと同じく、1型(13.2×8.8ミリ)/有効約2010万画素の裏面照射型センサーを搭載している(注:RX100 IIのセンサーは発表時「有効2020万画素」と表記されていたが、新たなCIPAガイドラインが発行されたため、RX100 IIIでは有効約2010万画素」の表記となる)。

photo

 シリーズ製品として初めてEVFを搭載。未使用時には本体内に収納されるポップアップ式で、144万画素相当の有機ELパネルを使用しており、T*コーティングも施されている。アイセンサーも備えており、のぞき込むことで背面液晶とEVFの切り替えが自動的に行われる。背面液晶は自分撮り対応のチルト機構を備えており、下方(最大45度)へも動かせる。

photo ポップアップ式のEVFを搭載
photo EVFは有機ELを使用
photo 側面のレバーでポップアップさせる

 動画関連機能も強化されており、AVCHDに加えてXAVC Sでの記録にも対応しており、XAVC S記録時には50Mbpsという高ビットレートで撮影できる。動画撮影の手ブレ補正は前後のフレームを参照して補正する「インテリジェントアクティブ」モードを使用できる。動画撮影中の超解像ズームも利用でき、最大で35ミリ換算140ミリ相当までのズームが行える。

 撮影機能はほぼRX100 IIを踏襲しており、ロックオンAFやオートフレーミング、MFアシスト、クリエイティブスタイル/ピクチャーエフェクトなどが利用可能。Wi-FiとNFCも搭載。PlayMemories Camera Appsによる機能拡張も行える。EVFおよび明るいレンズを搭載しながらサイズはRX100 IIとほぼ変わらず、101.6(幅)×58.1(高さ)×41(奥行き)ミリ、287グラムとなる。

photo 中央にはストロボを内蔵

 オプションとしてエストラマー素材を利用したグリップ「AG-R2」(1500円 税別)、シボ入り素材を使ったジャケットケース「LCJ-RXF」(8400円 税別)が新たに発売される。この2製品はRX100/RX100 IIでも使用できる。

photo グリップ「AG-R2」は両面テープで固定する
photo 「LCJ-RXF」は写真のブラックのほかブラウンも用意される

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.