ニュース
» 2014年05月20日 18時12分 UPDATE

GPS使用時の不具合解消など、「COOLPIX P330」最新ファームウェア

[ITmedia]

 ニコンは5月20日、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P330」の最新ファームウェア(Ver.1.1)を提供開始した。適用することで以下の現象が解消される。

  • [GPS設定] - [位置情報記録機能] を [ON] にして静止画撮影後にカメラの電源を OFF にした際、まれに電源をON にできなくなる現象を修正しました。
  • [AFエリア選択]を[ターゲット追尾]にしてターゲット追尾して撮影した後に画面表示が真っ黒になってボタン操作を受け付けなくなったり、画面表示が白っぽくなったりする現象を修正しました。
  • [RAW (NRW) 現像] のパラメーター設定画面で、[ホワイトバランス] の設定を [蛍光灯 FL1] (白色蛍光灯) 、 [蛍光灯 FL2] (昼白色蛍光灯) 、 [蛍光灯 FL3] (昼光色蛍光灯) のいずれかに設定した際のプレビュー表示や、RAW (NRW) 現像後のJPEG 画像が正しい色合いにならない現象を修正しました。

 COOLPIX P330は2013年3月に発表された、開放F値1.8、35ミリ換算24〜120ミリ相当(F1.8-5.6)の光学5倍ズームレンズに1/1.7型 有効1219万画素 裏面照射型CMOSセンサーを組み合わせた高級コンパクトデジカメ。現在は後継の「P340」が販売されている。

photophoto 「COOLPIX P330」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.