ニュース
» 2014年05月29日 09時00分 UPDATE

安心の10年保証:日本サムスン、SDメモリーカードを日本市場に投入

サムスン製のSDメモリーカードが日本市場にも登場する。普及価格帯と高性能品を計13製品用意する。

[ITmedia]

 日本サムスンの販売特約店であるITGマーケティングは、サムスン製のSDメモリーカード13製品を発売する。2014年5月29日から順次出荷開始の予定。普及価格帯の「EVOシリーズ」7製品と高性能品の「PROシリーズ」6製品を用意した。いずれの製品もUHS-Iカード(SDスピードクラスはClass 10、UHSスピードクラスはClass 1)だ。

hs_Samsung_SD_Card.jpg ITGマーケティングが発売するサムスン製SDメモリーカード。左側2枚が「EVOシリーズ」。オレンジ色と白のデザインが目立つ。右側2枚が「PROシリーズ」。グレーと白を使った落ち着いたデザインだ

 EVOシリーズ、PROシリーズに共通する特徴として、厳しい環境にも耐えるという点が挙げられる。具体的には海水に最長24時間浸した後でも動作する防水性能。マイナス25度から85度の極端な高温・低温に耐える耐温度性能。1万ガウス以上の磁場にも耐える耐磁性能。1.6トンの車両にひかれても動作する耐衝撃性能。空港のX線検査の影響を受けない耐X線性能の5種類の耐性を備えているという(耐衝撃性能はSDHCカード、SDXCカードのみ)。その上、全製品に10年間の保証を付けるとしている。

 EVOシリーズは読み出し/書き込み速度がどちらも最大48Mバイト/秒。microSDHC(microSDXC)カード4種類、SDHCカード3種類をそろえている。記録容量が8Gバイトの製品から64Gバイトの製品まで幅広く用意する。

 PROシリーズは読み出し速度が最大90Mバイト/秒、書き込み速度が最大80MB/秒(16Gバイト品は50Mバイト/秒)と、EVOシリーズと比較すると大分性能が高い製品だ。microSDHC(microSDXC)カード、SDHC(SDXC)カードともに3種類ずつそろえている。

 EVOシリーズ、PROシリーズともに、microSDHC(microSDXC)製品には、SDカードスロットですぐに使えるように、SD変換アダプタが付属する。

 具体的な記録容量のラインアップとそれぞれの実売価格は以下の通り。

サムスン製SDメモリーカードの型番と価格
製品名 容量 型番 価格 予想実売価格(税込)
EVOシリーズ microSDHC/microSDXC 8Gバイト MB-MP08DA/JP オープン 2200円前後
16Gバイト MB-MP16DA/JP オープン 4000円前後
32Gバイト MB-MP32DA/JP オープン 7500円前後
64Gバイト MB-MP64DA/JP オープン 1万5000円前後
EVOシリーズ SDHC 8Gバイト MB-SP08D/JP オープン 2300円前後
16Gバイト MB-SP16D/JP オープン 4000円前後
32Gバイト MB-SP32D/JP オープン 7400円前後
PROシリーズ microSDHC/microSDXC 16Gバイト MB-MG16DA/JP オープン 4400円前後
32Gバイト MB-MG32DA/JP オープン 9500円前後
64Gバイト MB-MG64DA/JP オープン 16000円前後
PROシリーズ SDHC/SDXC 16Gバイト MB-SG16D/JP オープン 5000円前後
32Gバイト MB-SG32D/JP オープン 9200円前後
64Gバイト MB-SG64D/JP オープン 1万8000円前後

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.