ニュース
» 2014年06月11日 16時08分 UPDATE

AF性能改善など、「COOLPIX A」に最新ファームウェア

ニコン「COOLPIX A」の最新ファームウェアが提供開始された。通常AF時の最短撮影距離が約30センチに短縮されるほか、インターバル撮影中の消費電力改善などが図られる。

[ITmedia]

 ニコンイメージングは6月10日、「COOLPIX A」の最新ファームウェア(Ver.1.11)を提供開始した。通常AF時の最短撮影距離が約30センチに短縮されるほか、インターバル撮影中の消費電力改善などが図られる。

  • 通常AF時の撮影距離範囲を先端レンズ面中央から約50cm〜∞ を、約30cm〜 ∞に変更しました。
  • 画面内の輝度差が非常に大きい場合の、AFの合焦率を改善しました。
  • MF時のAFエリアの色を白色に変更し、フォーカスモードを確認しやすくしました。
  • インターバルタイマー撮影中の電池消耗を改善し、電池使用時に従来よりも長時間のインターバルタイマー撮影を可能にしました。

 COOLPIX Aは2013年3月に販売開始された、、有効1616万画素 DXフォーマットのローパスレスのCMOSセンサーに、35ミリ換算28ミリ相当/F2.8の単焦点レンズを組み合わせた、高級コンパクトデジタルカメラ。カラーはブラックとシルバーの2色。

photo
photo 「COOLPIX A」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.