ニュース
» 2014年06月16日 14時00分 UPDATE

「世界最高」手ブレ補正の高倍率ズーム「XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR」

富士フイルムが開発表明していた「XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR」の発売日を決定。「世界最高」という5段の手ブレ補正と高速AF、防塵防滴機構も備える。

[ITmedia]

 富士フイルムは6月16日、開発表明を行っていた交換レンズ「XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR」を7月5日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、同社直販サイト「フジフイルムモール」での販売価格は10万7460円(税込)。

photo 「XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR」

 新製品はレンズ交換式「FUJIFILM X」シリーズに対応する高倍率(7.5倍)ズームレンズで、焦点距離は対応製品装着時で35ミリ換算27〜206ミリ相当。シリーズ対応レンズとして初めて防塵防滴構造となっているほか、CIPA準拠測定で「世界最高」というシャッタースピード5段分相当の手ブレ補正機構などを備える。

 レンズ構成は非球面レンズ4枚と異常分散レンズ2枚を含む12群16枚構成で、レンズ前面にはフレアやゴーストを低減する「HT-EBC」コートが施されている。AFはインナーフォーカス方式を採用しており、フォーカスレンズの軽量化とリニアモーターに搭載によって、最速0.1秒の高速なAF(X-T1およびX-E2との組み合わせ時)を実現している。

photo FUJIFILM X-T1発表時に展示されたX-T1との組み合わせ

 最短撮影距離は0.6センチ(マクロ時は0.45センチ)で、最大撮影倍率は0.27倍。鏡胴に絞りリングを備えており、リングから1/3段での絞り操作を行える。絞り羽根は7枚。サイズは75.7(最大径)×97.8(長さ)ミリ、490グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.