ニュース
» 2014年06月24日 10時30分 UPDATE

写真展:山野雄樹写真展「降灰の島」

[ITmedia]

 さまざまな「写真展」を随時紹介していく本コーナー。今回は新宿ニコンサロンで、2014年6月24日から開催予定の山野雄樹写真展「降灰の島」を案内する。

hs_Nikon_Yuuki_Yamano.jpg ©山野雄樹

爆発音とともに巨大なキノコ雲のような噴煙が上がり、噴石が弧を描きながら落ちるのが見える。灰色の雲が空を覆い、集落に火山灰が降り始める。視界がぼやけていき、景色は灰色に塗り変わっていく。

鹿児島県では、テレビやラジオなどの天気予報で桜島上空の風向きを報道し、県民は毎日風向きを確認する。

鹿児島生まれの作者にとって、小さいころから桜島はそこにある風景の一部である。桜島は鹿児島県の錦江湾(鹿児島湾)の中心にある周囲55?の火山島で、活発な火山活動を続けているが、島には約5,000人が暮らしている。火口から4?の距離には集落が存在し、1914年(大正3年)と1946年(昭和21年)に大きな噴火が起き、集落は大打撃を受けた。畑や集落は埋没し、島民は避難や移住を余儀なくされた。大正の大噴火では、噴出した溶岩で大隅半島と繋がることとなった。

相次ぐ噴火に見舞われながら、島を追われた人々は幾度となく島に戻り、暮らしを立て直す。今でも噴煙活動は続き、農作物は毎年降灰や火山ガスにより大きな被害を受け、雨の日には水なし川に土石流が流れる。噴石が集落にいつ落ちてくるか分からない中で、それでも生きる人々の故郷への執着心に作者は興味をもった。

年数百回の噴火を数える山の裾野で、火山とともに生きる人々を追った作品である。

カラー約50点。


写真展の詳細

名称 山野雄樹写真展「降灰の島」
開催期間 2014年6/24(火)〜6/30(月)
開館時間 10時30分〜18時30分(最終日15時終了)
定休日 無休
入場 無料
会場 新宿ニコンサロン

関連キーワード

写真 | photoexhibition | カメラ | ニコン | 東京


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう