ニュース
» 2014年06月26日 13時00分 UPDATE

ベース感度ISO 64を実現、3635万画素ローパスレス仕様フルサイズ「D810」

ニコンがフルサイズ機「D810」を発売する。新開発のローパスレス 有効3635万画素フルサイズセンサーを搭載し、同社デジタル一眼レフとして初めてベース感度ISO64を実現した。

[ITmedia]

 ニコンは6月26日、デジタル一眼レフ「D810」を7月中旬より販売開始すると発表した。ボディおよびレンズ「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」の付属するレンズキットが用意され、いずれも価格はオープン。同社直販サイト「ニコンダイレクト」での販売価格はボディのみが34万8300円、レンズキットが40万5000円(いずれも税込)。

photo 「D810」レンズキット

 新製品は2012年2月に発表された「D800」「D800E」の後継となる、フルサイズセンサー搭載(FXフォーマット)のデジタル一眼レフ。新開発されたローパスレス仕様の有効3635万画素フルサイズセンサー(36.9×24ミリ)に最新の画像処理エンジン「EXPEED4」を組み合わせ、さらにはピクチャーコントロールシステムも強化した。

 新開発されたセンサーは同社デジタル一眼レフとして初めて、常用ISO感度がISO 64から(D800はISO 100から)となり、ローパスレス仕様とあいまってD800Eよりも高い鮮鋭感を発揮するという。常用ISO感度範囲はISO 64〜ISO 12800で、ISO 32相当の減感とISO 51200相当の増感も行える。

photo

 ピクチャーコントロールシステムには調整項目として新たに「明瞭度」が追加され、各調整項目も0.25ステップでの調整が可能となり、より好みの絵作りを追求できるようになった。

 AFはD800/Eと同じく51点測距(15点クロス 中央部11点f/8対応)だが、アルゴリズムの見直しなどによって精度を向上させているほか、「グループエリアAF」の搭載で動体へのAF初動効率を高めている。加えてシャッター駆動機構とミラーバランサーの新設計により制振性と静音性も高めている。

 シャッター関連ではミラーアップ撮影時に電子先膜シャッターとすることが可能となり(カスタムメニュー設定が必要)、ブレを極限まで抑えたい風景や天体の撮影時に威力を発揮する。レリーズモードを「高速連続撮影」「低速撮影」としてシャッタースピードを4秒以上とした際には、カードとバッテリーの許す限りの連続撮影(JPEGに限る)を継続することも可能だ。

photo

 連写はFXフォーマット時で最大約5コマ/秒(バッテリー「EN-EL15」のみ使用時)で、撮像範囲「DX」とした場合には最大約7コマ/秒となる。シャッターユニットも新設計され、20万ショットのテストをクリアする。起動時間は約0.12秒、レリーズタイムラグは約0.052秒(いずれもCIPAガイドライン準拠)。

 視野率約100%(倍率0.7倍)のファインダーや3.2型(92万画素)の背面液晶、CF/SDのダブルスロット、マグネシウム合金製ボディーなどはD800/Eから継承。低消費電力化を進めた結果、バッテリー「EN-EL15」のみで約1200枚の撮影を行える(D800は約900枚)。

 動画については1080/60pの撮影が可能なほか、ハイライト領域の斜線表示や新測光モード「ハイライト重点測光」、無段階に絞り値を調整する「パワー絞り」などを新たに用意しており、プロフェッショナルによる映像撮影にも応える進化を遂げている。

 本体サイズは約146(幅)×123(高さ)×81.5(奥行き)ミリ、約980グラム(バッテリーおよびSDメモリカード含む)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.