レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 UPDATE

写真で見る、ニコン「D810」

同社デジタル一眼レフとして初めてベース感度ISO64を実現した、ニコンのフルサイズ機「D810」を写真で紹介する。

[ITmedia]

 ニコン「D810」はD800/800Eの後継となるフルサイズ機だ。D800/800Eの発表は2012年2月なので、2年4カ月ほどでのモデルチェンジとなる。

photo ニコン「D810」 レンズはキットレンズともなっている「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」

 新製品は型番からも想像できるよう外観上の変化は少ない。丸みを帯びたシルエットと大ぶりなペンタプリズム部、中指がフィットするグリップのカーブなどはほぼ同一といえる。肩にある「D810」のバッジを見なければ、D800/800Eと見分けがつきにくいといっていい。

photo
photo
photo

 ただし細部には違いもある。背面にはマルチセレクターの下に「i」ボタンが新設され、ファインダー撮影/ライブビュー撮影/ライブビュー動画撮影/再生それぞれの状態にあわせて利用頻度の高い機能へアクセスできるように改良されている。

photo 背面
photophoto 「i」ボタンで呼び出される機能。ファインダー撮影(写真=左)、ライブビュー撮影(写真=右)
photophoto 「i」ボタンで呼び出される機能。ライブビュー動画撮影(写真=左)、再生時(写真=右)

 さらに見ると左肩のD800では「BKT」ボタンが位置していた部分が測光モードボタンに変更されており、前面「Pv」「Fn」ボタンがやや丸く、小ぶりになっている(形状はD700のPv、Fnボタンのそれに似ている)のも変更点だ。

photo 左肩に測光モードボタンが配置された

 注目のISO 64での画質や操作性については、追って製品レビューで紹介する。

photo ISO感度設定画面。ベース感度が「ISO 64」になっている

関連キーワード

D800 | ニコン D | フルサイズCMOS | NIKKORレンズ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.