ニュース
» 2014年07月07日 20時04分 UPDATE

シグマ、RAW現像ソフト「SIGMA Photo Pro 6.0.2」を提供開始

シグマのRAW現像ソフトの最新版「SIGMA Photo Pro 6.0.2」がダウンロード可能になっている。

[園部修,ITmedia]

 シグマが7月4日、「SIGMA dp2 Quattro」のデータに対応した専用RAW現像ソフト、「SIGMA Photo Pro 6.0.2」の提供を開始した。Windows版とMacintosh版それぞれで不具合の改善を行っている。

SIGMA dp2 Quattro 「SIGMA dp2 Quattro」

 SIGMA Photo Pro 6.0.2の主な変更点はそれぞれ2つ。

  • SIGMA Photo Pro 6.0.2 Windows版
    1. X3Fデータのファイル名のダブルクリックや、SIGMA Photo Pro 6のアイコンにファイルをドラッグ&ドロップして起動させた場合に、画像の保存ができなくなる現象を改善
    2. まれに印刷ウィンドウが開かない場合や、印刷プレビュー画面が表示されないことがある現象を改善
  • SIGMA Photo Pro 6.0.2 Macintosh版
    1. 作業用色空間をAdobe RGBに設定し100%拡大を行った場合や、ショートカットキーでアプリケーションを終了した場合に、“lldbコマンドツール”の実行やパスワードの入力を促すメッセージが表示される問題を修正
    2. 特定の条件下でソフトの起動速度が遅くなったり、フォルダの切り替えに時間がかかったりする不具合を改善

 なお、SIGMA Photo Pro 6.0.2はQuattroならびにMerrillシリーズ、およびSIGMA SD1用となっており、それ以外の同社製カメラについてはSIGMA Photo Pro 5.5.3を利用する必要がある。全機種に対応したSIGMA Photo Proは、バージョン6.1として8月に公開予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.