ニュース
» 2014年07月10日 15時40分 UPDATE

新しい補正機能が加わりました:「PENTAX K-3」に新ファームウェア――「回折補正」を新たに搭載

「回折」を画像エンジンで補正する機能が加わった。

[ITmedia]

 リコーイメージングは2014年7月10日、デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-3」の最新ファームウェアを公開した。バージョンは1.10。

hs_PENTAX_K3_1_10.jpg リコーイメージングのデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-3」

 今回のファームウェア更新では、レンズ補正に「回折補正」機能が加わったことが最も大きな改良点だ。絞りを絞り込んで「回折」(回折が発生すると画像がぼやける)が発生するときに、画像処理エンジンの力で画像をシャープに補正する機能だ。

 オートホワイトバランス機能を使うときに、ホワイトバランスがバラつくことがあるという問題も修正した。これでばらつきを最小限に抑えられる。ほかにはTAvモードで露出ブラケットを使うときに、これまではシャッタースピードを変えていたものを、センサーのISO感度を変えるように修正した。

 さらに各種デジタルフィルタやフリンジ補正の処理時間を短縮し、全体的な動作の安定度を高めた。

 新ファームウェアはここからダウンロードできる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.