ニュース
» 2014年07月11日 19時15分 UPDATE

レンズの色にマッチしています:ライカ、「ライカT」に新色ブラックを追加

5月に市場に登場した「ライカT」のボディにブラックアルマイト処理を施した「ライカT ブラック」が登場する。

[ITmedia]

 ライカカメラジャパンは2014年7月11日、レンズ交換式デジタルカメラ「ライカT」の本体色を黒とした「ライカT ブラック」を発表した。7月25日に発売の予定で、価格は22万円(税別)。

hs_Leica_T_Black.jpg 「ライカT ブラック」

 ライカTは2014年5月末に発売になった製品。無垢のアルミから削り出したシンプルなデザインのボディに有効1630万画素のAPS-Cサイズの撮像素子を搭載している。光学ファインダーは搭載せず、本体背面の液晶ディスプレイを見ながら撮影するいわゆるミラーレスタイプのデジタルカメラだ。液晶ディスプレイはタッチパネルになっており、細かい操作はタッチ操作で直観的に済ませることが可能だ。レンズは「ライカTマウント」に対応した別売りのレンズを利用できる。

 今回発売する「ライカT ブラック」は、ライカTのアルミ削り出しボディにブラックアルマイト処理を施したもの。ライカTと同様に金属の質感を感じることができるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう