ニュース
» 2014年07月14日 19時00分 UPDATE

硬いガラスでしっかり守ります:デジタル一眼の液晶画面を守る極薄ガラスプレートが登場

デジタル一眼レフカメラの背面にある液晶画面は、汚れやキズが付きやすいものだ。ファインダーを覗けば顔が液晶画面にくっついて脂が付いてしまう。ちょっと一休みとばかりにカメラを床に置くときにキズが付く可能性も十分ある。そのキズと汚れから画面を守ってくれる製品が登場する。

[ITmedia]

 ディーフは、デジタル一眼レフカメラの背面にある液晶ディスプレイを保護するガラスプレート「High Grade Glass Screen Protector」を7月中旬に発売する。キヤノンEOS 7D、ニコンD4s、ニコンD5300、ニコンD3300の4機種にそれぞれ対応する4製品を発売する。価格は4製品ともオープン。ディーフの直販サイトでの価格は4製品とも1833円(税別)。

hs_Deff_SLR_LCD_Guard.jpg ディーフの「High Grade Glass Screen Protector」のイメージ。左上がキヤノンEOS 7D、左下がニコンD4s、右上がニコンD5300、右下がニコンD3300

 プレートの基材は厚さ0.33ミリのガラス。その上に多層コーティングを施している。基材ガラスは超硬質で、キズから液晶画面を守る。多層コーティングの効果で表面がよく滑るようになり、汚れが付きにくくなった。汚れが付いたとしても簡単に拭き取れる。また、四隅を丸めてあり、指が隅に引っかかってもケガをする可能性は低い。基材のガラスは簡単には割れないが、万が一割れたとしても表面に貼ってあるフィルムの効果で、破片が飛散することはない。

 4製品のうち、D3300向け製品とD4s向け製品はほかのカメラにも対応する。D3300向け製品はD3200にも対応し、D4s向け製品はD4、Df、D800E、D800、D610、D600、D7100にも対応する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.