ニュース
» 2014年07月17日 23時59分 UPDATE

“想い”を添えた応募作品を展示:7月18日から始まる「“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展 2014」を見てきた

富士フイルムが7月18日から、国内最大級の参加型写真展「“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展 2014」を開催する。今年は3万3012点の応募があったという。

[園部修,ITmedia]

 富士フイルムが7月18日から、9回目となる写真展、「“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展 2014」を開催する。東京会場を皮切りに、全国7つのメイン会場と22のサテライト会場を、11月中旬までかけて巡回する。

 メイン会場は東京、大阪、札幌、仙台、名古屋、広島、福岡。サテライト会場は旭川、青森、秋田、盛岡、新潟、長野、石川、水戸、甲府、横浜、静岡、三重、奈良、和歌山、岡山、松江、愛媛、宇部、長崎、熊本、宮崎、沖縄。各地域の開催期間は下表の通り。

 この30,000人の写真展は、2012年までは10,000人の写真展として開催されていた、応募資格はない、日本最大級の参加型写真展。大サイズの写真プリントに、その写真に込めた想いを添えて応募すると、全国29都市の希望の会場に展示してもらえる。2014年は、過去最高となる3万3012点の作品の応募があった。

30000人の写真展 過去最高の3万3012点の応募があった

 内覧会であいさつした富士フイルム イメージング事業部長の山本正人氏は「写真本来の価値である、撮る、残す、飾る、贈ることの意義を伝え、良さを体感していただく場として、『30,000人の写真展』は絶好の機会」と話し、来年の10周年に向けて、さらに多くの人の参加と来場を目指したいと意気込んだ。

 2014年の応募作の特徴は、リピーターが大きく増加したことだ。2013年は初参加の人が約65%、リピーターは35%だったのに対し、2014年はリピーターが63%とほぼ数字が逆転。その要因は、2013年に設置した「絆ポスト」にあるという。

30000人の写真展 今年はリピーターが大幅に増えた

 絆ポストとは、来場者が会場で見た作品に対し、手書きでメッセージを書いて、出品者に届けられる仕組みのこと。絆ポストでメッセージを受け取った出品者の再応募率は60〜70%あったといい、反響が得られたことで、作品を投稿する意欲が増したと富士フイルムでは分析している。

30000人の写真展 絆ポストの設置により、新たなコミュニケーションが生まれ、リピーターの増加につながっているという

 応募者は0歳から96歳までと幅広い。そのため応募作品も、家族やペットなどの身近なものから、決定的瞬間を捉えた個性的なもの、レベルの高い風景写真、アーティスティックな作品まで、一般的な「写真展」という言葉から想像するイベントとは異なる、多彩なものとなっている。

30000人の写真展 応募資格などは特に設けていないため、0歳から96歳までの幅広い応募者から作品が集まった
30000人の写真展 会場にはさまざまな種類の作品が並び、出品者のさまざまな視点や切り取った瞬間を楽しめる

 また今年は、メイン7会場での特別企画写真展として、「MY “スマフォト” 写真展」と「MY “チェキライフ” 写真展」を開催する。

 MY “スマフォト” 写真展は、学生限定の写真展で、先着1000人を対象に、スマートフォンなどで慣れ親しんでいるスクエアフォーマットの写真にコメントを書いてもらい、A5サイズにプリントして展示する企画。写真をプリントする習慣があまりない彼らに、写真をプリントする楽しさ、価値をあらためて知り、体感してもらおうという意図がある。「おもしろ写真」「青春写真」「I LOVE ○○○」という3つのテーマで、1045作品を展示する。

 MY “チェキライフ” 写真展は、世界的なブームが再燃しているインスタントフォトシステム「チェキ」を使った写真展(チェキは、2014年度も前年比130%の300万台の販売を計画しているという)。専用台紙にチェキのプリントを自由に配置し、デコレーションを施した作品を503点を展示している。

 宣伝部 マネージャーの礒山起世親氏は、「この30,000人の写真展で、写真が持つ、想いを分かち合い、人と人の心をつなぐ力を、多くの方に感じていただきたい」という。デジタルカメラの進化やスマートフォンの普及などにより、誰もがいつでもきれいな写真を手軽に撮れるからこそ、「人に見せたい1枚を選んで、想いを伝えてもらいたい」と話した。

 このほかにも、「スペシャルフォトコンテスト2014」として、全応募作品の中から、小山薫堂さん、佐々木希さん、佐野史郎さん、松たか子さん、松田聖子さん、相原正明さん、安珠さん、市橋織江さん、野町和嘉さん、本城直季さんが、心に響いた作品を合計100作品選出。また会場限定となるが、「東京ディズニーリゾート特別企画写真展」として、東京ディズニーリゾートの魅力をさまざまな視点で撮影した作品を展示するほか、「Dream Linking☆ 〜つなぐ夢、千年忘れない〜」と題して写真家 安珠さんが東北を中心に撮影した、子どもたちの「今」を写した写真展を実施。

 写真館の若手フォトグラファーで構成されたグループ「パイオニア・グリーン・サークル(PGC)」が、「家族がいっしょにいる幸せ」をテーマに撮影した家族写真を展示する「“PHOTO IS”家族の絆展」、全国から寄せられたOVER60(60歳以上)の素敵な笑顔の写真の入選作品20点を展示する「OVER60全国スマイルコンテスト」なども併催する。

 メイン7会場では、富士フイルムが展開する「うごくプリント」の特別展示や、「スマホプリント」の製品・サービス体験コーナーも設置される。

30000人の写真展 会場では「うごくプリント」の体験コーナーなども設置。このたびふなっしーがアンバサダーに就任した
30000人の写真展 人気のチェキがスマートフォンからも利用できる「スマホdeチェキ」の体験もできる
30000人の写真展 写真をさまざまな形で楽しめるよう、Year Albumや、スマートフォンのカバーに写真をプリントするサービスなども会場で実際に見ることができる
“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展 2014
地域 期間 会場
メイン会場
札幌会場 JR タワー 東コンコース/JR 札幌駅 西コンコース 9/5(金)〜9/7(日)
仙台会場 せんだいメディアテーク 8/8(金)〜8/10(日)
東京会場 フジフイルム スクエア/東京ミッドタウン 7/18(金)〜7/23(水)
名古屋会場 LACHIC 8/22(金)〜8/24(日)
大阪会場 グランフロント大阪 8/1(金)〜8/3(日)
広島会場 紙屋町シャレオ 9/19(金)〜9/21(日)
福岡会場 ソラリアプラザ/天神イムズ 8/29(金)〜8/31(日)
サテライト会場
旭川会場 アッシュ アトリウム 8/1(金)〜8/3(日)
青森会場 イオンモール下田 8/29(金)〜8/31(日)
秋田会場 秋田市にぎわい交流館AU 11/7(金)〜11/9(日)
盛岡会場 フェザン 7/25(金)〜7/27(日)
新潟会場 イオンモール新潟南 10/10(金)〜10/12(日)
石川会場 平和堂アル・プラザ金沢 10/24(金)〜10/26(日)
長野会場 ながの東急百貨店 11/7(金)〜11/9(日)
水戸会場 イオンモール水戸内原 7/25(金)〜7/27(日)
横浜会場 ランドマークプラザ 10/24(金)〜10/26(日)
甲府会場 アイメッセ山梨 8/23(土)〜8/24(日)
静岡会場 サントムーン柿田川 9/26(金)〜9/28(日)
三重会場 イオンモール鈴鹿 9/5(金)〜9/7(日)
奈良会場 イオンモール大和郡山 9/19(金)〜9/21(日)
和歌山会場 イオンモール和歌山 10/17(金)〜10/19(日)
松江会場 イオン松江ショッピングセンター 10/17(金)〜10/19(日)
岡山会場 岡山コンベンションセンター 11/14(金)〜11/16(日)
愛媛会場 エミフルMASAKI 9/19(金)〜9/21(日)
宇部会場 フジグラン宇部 10/3(金)〜10/5(日)
長崎会場 長崎県美術館 運河ギャラリー 8/15(金)〜8/17(日)
宮崎会場 宮交シティ 9/12(金)〜9/14(日)
熊本会場 イオンモール熊本 10/10(金)〜10/12(日)
沖縄会場 サンエー宜野湾コンベンションシティ 9/26(金)〜9/28(日)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.