ニュース
» 2014年07月24日 14時45分 UPDATE

大口径広角レンズの正体は?:F2の大口径中望遠レンズなど、富士フイルムXマウントレンズのロードマップ更新

富士フイルムのXマウントレンズのロードマップが新しくなった。新たに2種類の単焦点レンズが加わり、今後の開発予定製品も入れれは合計21本となる。

[ITmedia]

 富士フイルムは7月24日、同社のレンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X」シリーズに対応する交換レンズの開発ロードマップとおおよその発売時期を更新した。

 今回の更新では新たに2種類の単焦点レンズが加わった。このうち「XF16mmF1.4 R」は、2014年1月のロードマップ更新のときに「大口径広角レンズ」としていたもの。単焦点の広角レンズで非常に明るいレンズだ。

 もう1つの「XF90mmF2 R」は今回のロードマップ更新で初めて登場したレンズ。単焦点で、焦点距離90ミリの中望遠レンズだ。F値が2.0と明るい。

hs_Fujifilm_X_Series_Roadmap_1407.jpg 富士フイルムが今回公開したXシリーズ用交換レンズのロードマップ

 今回新たに登場した「XF16mmF1.4 R」「XF90mmF2 R」は、どちらも2015年前半に発売予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう