ニュース
» 2014年07月28日 18時40分 UPDATE

三脚の友です:エツミ、ソニーαシリーズなどに対応するリモートスイッチ

ソニーのデジタルカメラに対応するリモートスイッチが登場する。三脚を使っているときなど、少しのブレも排除したいときに役立つだろう。

[ITmedia]

 エツミはソニーのデジタルカメラに対応するリモートスイッチ「電子リモートスイッチ2 S2」を2014年7月31日に発売する。価格は3888円(税込)。

hs_Etsumi_Remort_Switch_Sony_1.jpg エツミのリモートスイッチ「電子リモートスイッチ2 S2」。ソニーのデジタルカメラに対応する

 カメラのUSB端子に接続し、リモートスイッチのボタンを押すことでシャッターを切れる。静止画の撮影を想定し、機能はシャッター半押し、シャッター全押し、バルブロックの3つに絞った。基本的な機能に絞った分、価格を抑えたとしている。

hs_Etsumi_Remort_Switch_Sony_2.jpg ボタンを押して前方に押し出すとボタンを押したままの状態でロックがかかり、バルブロックの状態になる

 電源はカメラ本体から受けるので、電池などは必要ない。カメラを用意して、端子に挿すだけで使える。

 ソニーのデジタルカメラの中でも、本体にMicro USB端子を持ち、その端子がマルチ端子として機能する機種に対応する。具体的な対応機種としてはα7、α7R、α7S、α6000、α5000、α58、NEX3N、Cyber-Shot RX100III、Cyber-Shot RX100II、Cyber-Shot HX400V、Cyber-Shot HX60などが挙げられる。一方、Cyber-Shot RX1R、Cyber-Shot RX10、Cyber-Shot RX100などの機種では使えない。

hs_Etsumi_Remort_Switch_Sony_3.jpg カメラ本体のMicro USB端子に接続する。この端子がマルチ端子として機能する機種なら問題なく使える

 外形寸法は34(幅)×105(高さ)×23(奥行き)ミリ。重さは約30グラム。ケーブルは約20センチから50センチの範囲で伸縮する。

関連キーワード

α | カメラ | ソニー | α7 | 三脚


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう