ニュース
» 2014年08月08日 18時00分 UPDATE

ファンのみなさまお待たせしました:ニコン、「AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR」など4製品の発売日を決定

ニコンイメージングは5月に発表していた超望遠レンズなど4製品の発売日を8月28日に決めた。

[ITmedia]

 ニコンイメージングは2014年8月8日、超望遠レンズの新製品「AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR」など4製品の発売日を8月28日とすることを発表した。8月28日に発売する製品はほかに、テレコンバーターの新製品「AF-S TELECONVERTER TC-14E III」、トランクケースの新製品「CT-405」、組み込み式円偏光フィルターの新製品「C-PL405」がある。価格は超望遠レンズが137万5000円。テレコンバーターが5万7500円、トランクケースが5万円、組み込み式円偏光フィルターが2万5000円(すべて税別)だ。

 4製品とも5月14日にニコンイメージングが発表していたもの。発表当時、発売は8月の予定としていたが、日付は決まっていなかった。

 超望遠レンズ「AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR」は、ニコンFXフォーマットのデジタル一眼レフカメラに対応した超望遠レンズ。焦点距離400ミリで開放F値を2.8とした非常に明るい望遠レンズだ。特徴は、本体を軽量化した点。蛍石レンズを採用し、鏡胴の素材にマグネシウム合金を多用することで、重量を3800グラムに抑えた。

hs_Nikon_NIKKOR_400_1.jpg ニコンイメージングの超望遠レンズ「AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR」

 さらに、高速連続撮影時に露出制御を安定させる電磁絞り機構を搭載したほか、手ブレ補正機能(VRモード)を搭載している。手ブレ補正はシャッタースピードにしておよそ4段分の効果がある。また、従来の手ブレ補正機能に加えて、動くものを追いながら撮影するときに効果を発揮する「SPORTS」モードを新たに搭載している。

 テレコンバーター「AF-S TELECONVERTER TC-14E III」は、カメラ本体とレンズの間に取り付けることで、レンズの焦点距離を1.4倍に伸ばす。ただし、F値は1段暗くなる。ニコンFXフォーマットに対応し、AF-Sレンズを取り付けることができる。

hs_Nikon_NIKKOR_400_2.jpg ニコンイメージングのテレコンバーター「AF-S TELECONVERTER TC-14E III」

 トランクケース「CT-405」は同時発売の超望遠レンズ「AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR」の付属品。レンズの格納に使う。組み込み式円偏光フィルター「C-PL405」は、「AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR」のオプション。反射光をカットし、美しい色彩を再現させる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.