まとめ
» 2014年08月12日 09時00分 UPDATE

もっと写真を楽しみたい人に贈る、レンズやフィルターが付いたiPhoneケース5選

iPhoneで写真を撮るのが好きな人も多いと思います。そんな人に、さらに創作意欲をかき立てるレンズ付きのケースをご紹介します。

[園部修,ITmedia]
プロフィール

 今や、スナップを撮るならiPhoneでいい、という人もいるほど、手軽にきれいに写真が撮れる「iPhone 5s」。実際、iPhone 5やiPhone 5sで写真撮影を楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。

 そんなiPhone 5のカメラに、手軽にいろいろなレンズが付けられるケースが発売されています。広角や望遠、マクロ、魚眼、あるいはフィルターなど、ソフトウェア処理ではなしに、さまざまな表現が可能になるレンズが取り付けられるケースをご紹介します。

ZTYLUS「ZIP-5S CASE+RV-2 LENS COMBO for iPhone5s/5」

ZIP-5S CASE+RV-2 LENS COMBO for iPhone5s/5

 「ZIP-5S CASE」に、「RV-2 LENS COMBO for iPhone5s/5」という、リボルバー式の専用レンズユニットを組み合わせたiPhone 5s用撮影レンズキット。日本ではスペックコンピュータが扱います。レンズユニットには、円偏光フィルター、広角レンズ/マクロレンズ(レンズを1枚着脱して切り替え)、魚眼レンズが収納されていて、引き出すとiPhone 5sのカメラに重なる形でレンズが配置されます。発売は9月上旬の予定。価格は2万1600円(税込)。

マンフロット「KLYP+セット バンパー+3枚レンズ」

KLYP+セット バンパー+3枚レンズ

 マンフロットのiPhoneケース「KLYP+」は、カメラ用の三脚で知られるメーカーのポリカーボネート製バンパー。撮影時に便利なスタンドなども付属します。レンズのセットでは、「ポートレイト撮影用」「ランドスケープ撮影用」「フィッシュアイ」の3種が提供されていて、適宜バンパーに取り付けることで画角を変えた撮影ができます。オプションでLEDライトや三脚用アタッチメントなども用意されています。価格は8040円(税込)と手を出しやすい値段です。

iZZi「Orbit Pro」

Orbit Pro

 caseplayが扱うiZZi(イジー)の「Orbit Pro」は、3カ所に三脚固定用のネジ穴も備えたアルミケースです。2倍望遠レンズ、魚眼レンズ、マクロレンズ/広角レンズ(レンズを1枚着脱して切り替え)が回転式のユニットに取り付けられており、シーンに合わせて切り替えられます。価格は3万8232円(税込)。カラーがRed、Silver、Blue、Purple、Blackの5色から選択可能です。ポリカーボネート製のケースを採用した低価格な「SLIM」も販売されていて、こちらは1万3824円(税込)です。

Optrix「PhotoPro Kit for iPhone 5s/5」

PhotoPro Kit for iPhone 5s/5

 BELEXが販売するOptrixの「PhotoPro X」は、iPhoneをアクションカムに変えるポリカーボネート製ケースです。IPX8相当の防水性能を持ち、水深10メートルまで対応可能で、さらに9メートルからの落下にも耐える耐衝撃性も備えています。防水仕様の魚眼レンズ、平面レンズ、望遠レンズ、マクロレンズが交換可能で、水中や水上などでの多彩な撮影が可能になります。価格は2万196円(税込)。これまで撮れなかった写真が撮れそうです。

Turtleback「PentaEye f - PRO」

PentaEye f - PRO

 Trutlebackの「PentaEye f - PRO」は、2つの三脚穴を備えたケースです。グリップになる出っ張りがあるのも特徴です。背面にリボルバー式のレンズホルダーを備え、魚眼レンズ、広角レンズ、望遠レンズ、マクロレンズの4種を切り替えて撮影できます。レンズ部分は着脱可能。価格は1万6500円(税込)ですが、香港から発送するため入手までに時間がかかる点は留意しておきたいところです。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.