ニュース
» 2014年08月19日 13時00分 UPDATE

ソニー、XAVC S録画に対応した「α5100」

ソニーがEマウント採用のミラーレスカメラ「α5100」を発売する。上位モデルと同等のセンサーを採用しながら小型ボディを維持している。

[ITmedia]

 ソニーは8月19日、Eマウント採用のミラーレスカメラ「α5100」を9月5日より販売開始すると発表した。ボディ単体(ILCE-5100、ブラックのみ)のほか、電動ズームレンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」を組み合わせたパワーズームレンズキット(ILCE-5100L)、望遠ズーム「E 55-210mm F4.5-6.3 OSS」も組み合わせたダブルズームレンズキット(ILCE-5100Y)が用意された。

 カラーバリエーションは従来からのブラックとホワイトに加え、ブラウンが加わった。いずれも価格はオープンで、実売想定価格はILCE-5100が5万5000円前後、ILCE-5100Lが7万円前後、ILCE-5000Yが9万円前後(すべて税別)の見込み。

ht_a501.jpg ブラック
ht_a502.jpg ホワイト
ht_a503.jpg ブラウン

 AFは上位モデル「α6000」の位相差検出方式(179点)とコントラスト検出方式(25点)を利用するファストハイブリッドAFを継承しつつ、EVFやホットシューなどを省いたボディは「α5000」をほぼ踏襲する。自分撮りも簡単に行えるタッチ対応180度チルト可動式液晶モニターは、3型/46万画素から3型/92.1万画素に向上している。

ht_a504.jpg 180度チルト可動式液晶モニターを採用

 センサーサイズはAPS-Cで、有効約2430万画素のCMOSセンサーを搭載する。最高感度はISO16000からISO25000に引き上げられたほか、連写速度は2.5コマ/秒から最高6コマ/秒に増加した。また、XAVC Sフォーマットの動画記録に対応し、50Mbpsで1080/60pの動画撮影が可能になった。

ht_a505.jpg センサーサイズはAPS-Cで、有効約2430万画素のCMOSセンサーを搭載
ht_a506.jpg 液晶はタッチ操作にも対応する

 記録メディアはSDXC/SDHC/SDメモリーカード(UHS-I対応)、メモリースティックPROデュオ/PRO-HGデュオ/XC-HGデュオに対応する。バッテリーはNP-FW50で、撮影可能枚数はCIPA規格準拠で約400枚。

 本体サイズは109.6(幅)×62.8(奥行き)×35.7(高さ)ミリ、重量は約224グラム(本体のみ、メディアやバッテリー込みで約283グラム)。

ht_a507.jpg NFCやWi-Fi機能を内蔵するほか、PlayMemories Camera AppsやUSB給電にも対応する

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.