ニュース
» 2014年08月21日 14時29分 UPDATE

アドビ、「Aperture」から「Lightroom」への移行をサポートする日本語クイックガイドを公開

アドビ システムズが、Appleの写真管理ソフト「Aperture」や「iPhoto」から、「Photoshop Lightroom」へ移行するための日本語ガイドを公開。写真を移すツールも開発しているという。

[ITmedia]

 アドビ システムズが8月21日、Appleが今後の開発を中止した写真管理・現像アプリ「Aperture」から、同社が提供する写真管理・現像アプリ「Photoshop Lightroom」への移行をサポートする、日本語のガイドを公開した。ApertureやiPhotoのユーザーに対しては、Photoshop CCとLightroomが月額980円で利用できるCreative Cloud フォトグラフィプランの利用を勧めている。

 すでに米国では、英語版の移行ガイドが公開されているが、今回改めて日本語版のガイドを用意したことで、日本でもiPhotoやApertureで写真を管理しているユーザーに対して、Lightroomへのスムーズな乗り換えを促す。提供時期は未定だが、ApertureからLightroomに写真を移行するツールも開発しているという。

 なおAppleは、写真管理ツールの開発を単にやめるのではなく、iCloudとの同期機能なども備えた「Photos(写真)」というアプリへの移行を検討しているとされる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.