ニュース
» 2014年08月25日 17時00分 UPDATE

ライカMの実力を確かめたい人にお薦め:ライカ、レンズやフィルターなどを付属させた「ライカMスターターキット」を限定で発売

レンジファインダー式デジタルカメラ「ライカM」にレンズ、フィルター、メタルフードをセットにした「ライカMスターターキット」が限定で発売になる。

[ITmedia]

 ライカカメラジャパンは、フルサイズセンサーを搭載したレンジファインダー式デジタルカメラ「ライカM」に35ミリレンズとフィルター、メタルフードをセットにした商品「ライカMスターターキット」を2014年9月1日に発売する。価格は92万5000円(税別)。本体色がブラックのモデルとシルバーのモデルを、それぞれ50セットずつの限定販売となる。

hs_Leica_M_Starter_Kit_1.jpghs_Leica_M_Starter_Kit_2.jpg 「ライカMスターターキット」左がブラックで、右がシルバー

 付属するレンズはライカMレンズの中でも最小、最軽量(220グラム)の「ライカ ズマリットM f2.5/35mm」。屈折率が高い異常部分分散ガラスで作ったレンズを採用したもので、色収差を最小限に抑え、描写力を高めたレンズだ。付属のフィルターと、メタルフードはこのレンズの口径に合わせたもの。

 ライカMは撮像素子に有効2400万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載した製品。フルサイズセンサーと、高性能な画像処理エンジンに、ライカMレンズの描写力で高い評価を得ている製品だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.