ニュース
» 2014年08月26日 14時00分 UPDATE

カメラと本体が分離:“フリースタイル”な撮影を可能にするEXILIM「EX-FR10」登場

カメラ部とコントローラー部が別々のユニットになっており、防水・防塵・耐衝撃性能を備え、多彩な利用シーンに対応するユニークなカメラ「EX-FR10」が登場。自由なスタイルで撮影が楽しめる。

[園部修,ITmedia]

 カシオ計算機が8月26日、多様な撮影スタイルに対応するEXILIMの新たなシリーズとして、「EX-FR10」を発表した。9月19日から販売する。ボディカラーはグリーン、オレンジ、ホワイトの3色。価格はオープンプライスだが、実売想定価格は5万円前後(税込)だ。

EXILIM EX-FR10 カメラ部とコントローラー部が分離する“フリースタイル”カメラ「EXILIM EX-FR10」

 EX-FR10の特徴は、カメラ部とコントローラー部が分離するデザインを採用し、フリースタイルな撮影を可能にしたこと。カメラとコントローラーは常時Bluetooth 2.1+EDRで通信している。くっつけた状態では一般的なデジタルカメラのようにも撮影でき、コントローラー部をポケットや腕に、カメラ部を頭や乗り物などに別々に配置して、アクションカムのような撮影も楽しめる。

EXILIM EX-FR10 21ミリ相当の単焦点レンズと2.0型の液晶モニターを備える
EXILIM EX-FR10 カメラ部とコントローラー部をつなぐパーツは折りたたみでき、カメラに角度を付けて置いたり、後述するアタッチメントに取り付けたりできる
EXILIM EX-FR10 カメラ部を180度回転させると一般的なデジタルカメラのようなスタイルでも撮れる

 IPX7とIPX6の防水性能、IP6Xの防塵(じん)性能、高さ2メートルからの落下にも耐える耐衝撃性能、水滴が付いても操作可能なタッチパネルを搭載し、アウトドアでのヘビーな撮影に対応する。さまざまなシーンで活用しやすいよう、カメラ部を固定するアタッチメントもクリップ型、ストラップ型、リストバンド型、カラビナ型などをオプションで提供。さらにハンズフリー撮影やながら撮影を可能にするインターバル撮影モードも用意した。動画はフルHDまでの撮影に対応する。

EXILIM EX-FR10EXILIM EX-FR10EXILIM EX-FR10 EX-FR10には、アクションカムのような使い方ができるよう、純正のアタッチメントやオプションを用意している。首から下げたり、カラビナ型のストラップでラフに持ち歩いたりできる
EXILIM EX-FR10EXILIM EX-FR10EXILIM EX-FR10 クリップやベルト、リストバンドなどさまざまな場所に取り付けるためのキットも用意する

 レンズはF2.8の単焦点で、焦点距離は35ミリ換算で21ミリ相当と広角気味のセッティング。撮像素子は有効約1400万画素の1/2.3型裏面照射型CMOSとなっている。バッテリーはカメラ部とコントローラー部にそれぞれ搭載しており、約255コマの撮影が可能だ。なおUSB給電に対応しているため、モバイルバッテリーなどをつないで長時間利用することもできる。

 コントローラー部の液晶モニターは2.0型で、静電容量式のタッチパネルを搭載。ただし解像度は320×240ピクセル(7万6800画素)と最近のカメラにしては少々粗め。なおシャッターはカメラ部とコントローラー部にそれぞれ用意しており、どちらからでも写真は撮れる。

 Wi-Fi通信機能も備え、専用アプリ「EXILIM Link」を使えば、スマートフォンからのリモート撮影や画像閲覧・コピー、SNSへの画像アップなどが行える。

 このほか、撮影した後の写真を楽しむための工夫も用意している。日付とレイアウトを選ぶと、複数の写真からベストショットを自動的にピックアップして1枚の写真にまとめてくれるハイライトフォト機能は、SNSへの投稿に便利。また、同じく日付を選択すると、写真を選んで1本のムービーに仕上げてくれるハイライトムービー機能も搭載している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.