レビュー
» 2014年08月28日 08時08分 UPDATE

アクションカムで縄文遺跡を回ってみた――特別史跡「三内丸山遺跡」編

ソニーのアクションカム「HDR-AS100V」を使って、青森県にある特別史跡「三内丸山遺跡」を撮ってきた。ユニバーサルヘットマウントキットに取り付けたカメラから見た縄文遺跡はどのようなものなのか?

[田中宏昌,ITmedia]

 青森県青森市にある特別史跡「三内丸山遺跡」は、日本最大級の縄文集落跡だ。一時は野球場の建設工事も行われたが、1995年から遺跡の整備が始まり、今ではビジターセンターの「縄文時遊館」や重要文化財などを展示する「さんまるミュージアム」といった施設も充実している。

 遺跡の復元も進んでいるほか、出土した状態のまま展示されてコーナーもあり、多角的に縄文時代の「ムラ」を体験できるのが特徴だ。

 その模様は下の動画と360度ビューで確かめてほしい。

ht_sm01.jpg 今から約5500年前〜4000年前の遺跡群である特別史跡「三内丸山遺跡」
ht_sm02.jpg 縄文時代の前期〜中期にかけて長期間継続した大規模集落跡で、復元された遺跡の大きさに目を奪われる

 なお青森県では、この三内丸山遺跡をはじめとする「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」の世界遺産登録を目指しており、2009年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産暫定一覧表に記載されている。

ALT 三内丸山遺跡を含め「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」として世界遺産への登録を目指している。そのロゴマークがこれだ
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA
三内丸山遺跡をリコーの「THETA」で撮影した。360度のビューを楽しんでほしい

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA
「竪穴住居跡」はこれまで550棟以上発見されているが、復元されているのは15棟ほど

※ご利用のブラウザによっては画像が正しく表示されない場合があります。最新版のブラウザでご覧下さい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.