ニュース
» 2014年09月02日 20時20分 UPDATE

お値段と発売日はまだ分かりません:カールツァイス、ソニーα7シリーズ用レンズ「Loxia」の情報を一部公開

フルサイズセンサーを搭載しながら驚くほど小さなボディで世のカメラマンを驚かせたソニーの「α7」シリーズ。カールツァイスはα7シリーズ向け交換レンズ「Loxia」の製品情報を公開した。

[ITmedia]

 カールツァイスは2014年9月2日、ソニー「α7」シリーズ向け交換レンズ「Loxia(ロキシア)」の製品情報を公開した。

 公開情報によると、当初発売になるのは単焦点レンズ2本。焦点距離はそれぞれ35ミリと50ミリ。製品名は「ZEISS Loxia 2/35」と「ZEISS Loxia 2/50」だ。開放F値はどちらもf2.0で、最短撮影距離はZEISS Loxia 2/35が0.3メートルで、ZEISS Loxia 2/50が0.45メートル。マウントはもちろんフルサイズセンサー用Eマウント。

hs_Carl_Zeiss_Loxia_1.jpg 「ZEISS Loxia 2/35」

 ZEISS Loxia 2/35、ZEISS Loxia 2/50共通の特徴としては、絞りリングを回したときのクリック感をなくす機能「DeClick(デクリック)機能」が挙げられる。レンズがカメラと接する面に小さな調整ネジがあり、これを回すとクリック感の有無を切り替えられる。クリックを効かせる設定にしてあると、動画撮影時に露出設定が段階的になってしまう。そこでこの機能が役に立つという。

hs_Carl_Zeiss_Loxia_2.jpg 「ZEISS Loxia 2/50」

 また、フルサイズセンサー用Eマウントレンズでは数少ない、焦点距離目盛、被写界深度目盛、絞りリングの3つを備えている。メモリの刻印はメートルとフィートの両方が刻んである。

 さらに、精密な光学設計により、撮影した画像にひずみが出ない作りになっているとしている。どのような焦点距離でも、ひずみは適切に補正するという。

hs_Carl_Zeiss_Loxia_3.jpg 「ZEISS Loxia 2/35」をソニーの「α7R」に装着したところ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.